駒澤大学

教員紹介

駒澤大学に所属する教員を紹介しています。教授陣より受験生の皆さんへメッセージが届いています!

駒澤大学の教員紹介

  • 長谷部 八朗 教授仏教学部 宗教学

    長谷部 八朗 教授

    「宗教学とは何か?」
    と聞かれたら、あなたはどう答えますか。神様を信じる者?お祈りをするもの?修行をするもの?実はこの問いに対する唯一の解答が定まっているわけではありません。それだけ、宗教のあり方 は多種多様だと言えるでしょう。私の講義では、たとえば仏教と キリスト教など、さまざまな宗教を観念と行為の二つのレベルか ら比較分析していきます。簡単に答えを求めるよりも、対象とじっくり向き合う。だからこそ、おもしろい。それが大学の学びなのです。

  • 瀧音 能之 教授文学部 日本史(古代史)

    瀧音 能之 教授

    もしもあなたが夢みたいなことを考えるのが好きなら、古代史は向いているかもしれません。古代史は謎の多い学問です。なにせ1000年以上も前のことなので、史料があまり残っていないのです。限られた史料から想像をふくらませ、仮説を立てていく。正解が決まっているわけではありません。大切なのは自分で考える こと。以前のレポートで「卑弥呼はUFOだった」と書いてきた学生もいましたが、理屈さえ通っていれば、それだって立派な説なのです。

  • 江口 允崇 講師経済学部 マクロ経済学

    江口 允崇 講師

    お金やモノの動きを通して世の中のしくみを考えるのが、経済学です。たとえば、今日、あなたがお弁当を買った千円札は、お店 から食品工場へ行き、農家へ行き、レストランへ行き、めぐりめぐってあなたのバイト代になるかもしれません。私たちの日々の活動は必ず世の中に影響を与え、そしてそれは何らかの形で自分 にかえってきます。
    経済学を学ぶことは、世の中と自分のつながりを学ぶことでもあるのです。

  • 熊谷 芝青 教授法学部 民法

    熊谷 芝青 教授

    「法律は使うためのもの」というのが私の考え方。勤務先とのいざこざや、男女のトラブル、アパートの隣人がうるさい等、社会に出ればさまざまな「もめ事」に出会う可能性があります。そんなとき法律を知っていれば、問題を効率よく、平和的に解決できるかもしれません。取得できる資格が多く、具体的な目標が立てやすいのも法学部の魅力。将来何がやりたいのかまだよくわからないあなた、駒澤大学で「使える法律」を学んでみませんか。

  • 菅野 佐織 教授経営学部 消費者行動論

    菅野 佐織 教授

    あなたのお家では、どのメーカーのハミガキ粉を使っていますか?…なるほど。 では、その銘柄を選んでいる理由は何ですか?このように消費者の行動と気持との関係を探る学問を「消費者行動論」といいます。
    「モノを買う」という身近な行動の裏には、実は、想像を超えるほど複雑な心理が働いているのです。消費者の行動と気持ちを理解することは、人間を理解すること。それは言いかえると、自分自身を理解することでもあるのです。深いでしょ?

  • 近藤 啓介 准教授医療健康科学部 画像処理

    近藤 啓介 准教授

    医師の指示のもとCTやMRIなどの装置を操作して体内を撮影する国家資格の職業を、診療放射線技師といいます。診療放射線技師に必要なのは、医師が診断しやすい画像を、なるべく少ない放射線量でつくること。そのためには装置の操作法はもちろん、物理、数学、化学、放射線、画像処理など、あらゆる知識を使いこなせなければなりません。
    え、そんなの無理?
    大丈夫!駒澤大学には各分野の専門家がちゃんとそろっています。あとは、あなたのやる気次第ですよ。

  • 石橋 直樹 講師グローバル・メディア・スタディーズ学部 情報科学

    石橋 直樹 講師

    男子禁制!恋愛をテーマに語り合う、女性のための書評サイト。そんなサービスがあったらおもしろいと思いませんか。Webを使って今までにないものをつくる。それがぼくのゼミのテーマです。
    世界中の情報を受信するだけじゃなく、世界中に発信できるのがWebのおもしろいところ。何十億をいう人が自分のつくったものを見るかもしれないなんて、考えただけでわくわくしませんか。世界を驚かす、あなたのアイディアを待っています。

  • 小川 隆 教授総合教育研究部 中国語

    小川 隆 教授

    使っている言葉が違えば、モノの見方も違います。そんな例を一 つ。中国語でキャベツのことを、昔は「洋白菜(西洋白菜)」と言いました。いっぽう英語では白菜のことを「Chinese cabbage(中国キャベツ)」と言うそうです。お互いが、知らないモノを、自分の知っているモノに置き換えて理解しているというわけ。自分のモノの見方が、いろいろある見方の一つにすぎないと知ること。外国語を学ぶ意味は、そんなところにあるのです。

駒澤大学の教員についてもっと知りたい!
公式サイトの専任教員一覧をご覧ください!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む