駒澤大学

コマザ・話ールド

学部・学科の学びにまつわるコラムを紹介します。身近な疑問を分かりやすく解説!各学問への好奇心が高まります!

文学部

恋は楽しい?苦しい?
文学部

今でも使われている「恋」ということばは、日本古典文学では、重要な言葉の一つでした。それは相手のことが好きだと思うだけでなく、その相手が近くにいない不在感を示すものだからでした。現存最古の歌集『万葉集』には「恋ひ死なば 恋ひも死ねとや ほととぎす 物思ふ時に 来鳴きとよむる」(恋い死にするならば、恋い死にしなさいと、ほととぎすは物思いしている時にやってきて鳴き騒ぐのか)のように「恋ひ死に」という言葉も詠まれていました。多少大げさですが、恋と死は直結する感覚がありました。「恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛しき 言尽くしてよ 長くと思はば」(恋しく恋しく思って逢った時だけでも、素敵な言葉を尽くして。この逢っている時間が長くと思うのなら)という歌には、恋の苦しさから解放された逢瀬の喜びが詠まれています。恋は逢えずに苦しいものでした。でも、古代の人々がただただ悲惨だったとは思えません。どこか余裕があるから、悲しい気持ちを歌に託せるようです。そんな息遣いを、古典作品の読解を通じて身近に感じてみませんか。

シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』は実話なの?
文学部

『ロミオとジュリエット』といえば、互いの家のいがみ合いのために非業の死を遂げる若い男女の悲恋ものとして知られています。ロミオとジュリエットの悲恋物語を最初に考えついたのは、シェイクスピアではなく、イタリアの文人ルイジ・ダ・ポルトと考えられています。ダ・ポルトはルチーナという既婚女性への贈り物として物語を書きました。ダ・ポルトの物語のヒロインであるジュリエッタは、ルチーナをモデルにしており、誕生日も同じ聖ユーフェミアの祭日(9月16日)です。ロミオとジュリエットのように、ダ・ポルトとルチーナは愛し合いながらも、家同士の確執に翻弄され、結局、ルチーナは争いを収束させるために、他の男性のもとに嫁ぐことを余儀なくされました。しかし、このような逆境がなければ、ロミオとジュリエットの物語が生まれなかったと思うと、なんだか複雑ですね。

実家に帰った時、車体に花や動物のラッピングをしたバスをみかけました。母に尋ねると、「最近走り始めたコミュニティバス」とのことでした。コミュニティバスって、どんなバスですか?
文学部

多くの場合は、行政が中心になって運行しています。これまで路線バスがなかったり、路線バスが廃止されてしまった地域の人々にも、自由に出掛けてもらえるようにすることが目的です。1990年代半ば以降、多くの自治体で運行されるようになりました。丸い車体で床の低いバスが多いですが、もちろんいろいろなタイプがあります。循環コースで運賃100円のコミュニティバスが、一時期ブームになりました。しかし中には、1周に2時間近くかかったり、停留所の時刻表に1日2・3便しか記載されていない例もみられます。お客さんが乗っているのをあまり見かけないという話も、時々聞かれます。これは、コミュニティバスを走らせることが目的になってしまった事例です。コミュニティバスの運行をはじめる前に、沿線各地区の世帯や人口、居住者の特徴などを把握することはもちろんですが、運行開始後も、利用者数だけでなく、利用者の性別、年齢、利用の目的、利用の頻度などを調査し、使いやすいコミュニティバスにしていくことが必要です。交通地理学は、このような視点から、公共交通を整備していく手助けになることを目指しています。

ジオパークって何、テーマパークのようなもの?
文学部

ジオパークの”ジオ”とは「地球」や「大地」のことで、これと「公園」の”パーク”を組み合わせて”ジオパーク(大地の公園)”と呼ばれています。ジオパークは地球の活動がつくり出した地形や地質などを主な見学対象としていますが、それらと深いかかわりのある生態系や、人々の暮らし(歴史、文化、産業)なども対象となります。
 世界遺産とは違って、科学的に貴重な地形や地質を「大地の遺産」として保護するだけでなく、それらを新たな地域資源として教育やツーリズムの推進などに活用し、ふるさとへの愛着や雇用を生み出すことにより、地域の持続可能な発展につなげることを目的としています。このようなジオパークの考え方は、もともと自然と人間とのかかわりを重視する地理学や地理教育と共通する点も多く、各地のジオパークで地理学を学んだ人たちが活躍しています。
 地域環境研究専攻では、ジオパークの対象となるような地域の自然環境(地形、気候、水の循環、植生景観など)の成り立ちに加え、自然と人の関係を総合的に学ぶことで、環境問題や自然災害に関する知識を身につけることができます。

聖徳太子はいなかった?
文学部

最近の日本史の教科書では、いままでいわれてきたことへの見直しがみられるようになってきている。古代史の分野も例外ではない。最もインパクトがあったもののひとつが聖徳太子のことであろう。いうまでもなく聖徳太子は日本の歴史の中で最大のスーパースターの1人である。「憲法十七条」の制定や「三経義疏」の著作など、いずれも聖徳太子の業績として教科書にも載っていることがらであるが、これらがすべて虚構だというのであるからびっくりである。
 それどころか、「聖徳太子」という人物は存在せず、いたのは「厩戸皇子」というふつうのひとりの皇族であるというのである。その賛否については、さまざまであるが、教科書の表記をみると、従来は「聖徳太子」であったものが、「聖徳太子(厩戸皇子)」となり、最近では「厩戸皇子(聖徳太子)」としているものもある。ひょっとすると教科書から「聖徳太子」の表記が消える日がくるかもしれない!?

明智光秀は二度討たれた?
文学部

『明史』(清朝によって編纂された二十四番目の正史)日本伝に、次のような話が載せられている。明末、日本では「山城」の領主「信長」が「関白」として権力をふるっていた。狩りに出た信長は、「樹下」に寝ている男と出会う。尋問すると、「平秀吉」と名のり、「薩摩の人の奴」だと言った。度胸があって敏捷で、口が達者である。信長は秀吉を気に入り、馬の世話を命じ、「木下人」と名づける。秀吉は信長のために働き、「摂津の鎮守大将」になる。「参謀の阿奇支」が叛くと、信長は秀吉を討伐に向かわせるが、自分は「部下の明智」に殺されてしまう。秀吉は阿奇支を滅ぼすと、兵を返して、明智を破った云々。
 織田信長、豊臣秀吉、そして明智光秀らのことを記しているのだが、我々が知る史実とは、少しずつズレがある。なかでも「阿奇支」は「あけち」の音写らしく、このまま読めば、光秀は二度討たれたことになる。日本史の研究にこの史料が用いられることは、多分ないだろう。一方、おなじく正史の『三国志』東夷伝・倭人の条(いわゆる魏志倭人伝)は、古代の日本を知る貴重な史料として、丹念に読まれてきた。漢文史料は一見精緻、かつ論理的に見える。しかし、これを無批判に信じることの危うさを、『明史』日本伝の信長、秀吉に関する記事は示している。

兵馬俑の兵隊はなぜ東を向いているの?
文学部

広大な中国全土をはじめて統一した秦の始皇帝。その始皇帝の墓の隣に作られた地下軍団こそが、有名な兵馬俑です。兵馬俑とは土で作られた兵士や軍馬の人形(俑)のことで、始皇帝の死後も彼を守るために、実際の軍隊を模して作られた墓のお供え物(副葬品)だったと考えられています。それぞれの俑には鮮やかな彩色が施され、様々な髪型や身につけた甲冑からは、当時の装いや戦争のかたちをうかがうことができます。発掘調査は現在も続けられていますが、俑の総数はなんと8000体に及ぶともいわれています。
 ところで、この始皇帝の地下軍団はみな東を向いています。なぜでしょうか?一説には、秦が滅ぼした韓・魏・趙・斉といった国々がいずれも秦からみて東に位置しており、統一後もいつ反乱を起こすかわからないこれらの国々に備えて、地下軍団も東を向いているのだ、と説明されます。一方で、戦国時代からの伝統として秦の人々は東西方向を向いた墓を造る風習があり、その伝統の延長線上に過ぎないという説もあります。しかしながら、始皇帝陵の中心部の発掘はまだ行われておらず、その構造には今なお不明な点が数多くあります。
 考古学専攻では三年次に中国での発掘実習を行っており、同時に兵馬俑の見学も行っています。発掘によって新たな事実が姿を現せば、兵馬俑の謎を解き明かすことができるかもしれませんね。

若者文化にはどんな特徴があるの?
文学部

ポケモンGOに夢中になったり、音楽ライブに足を運んだり、音楽をダウンロードしたりと、多くの若者は文化的な消費で生活を楽しんでいる。高級車やブランド品には、もはやかつての世代が感じていたような魅力は感じない。モノを所有するよりは、シェアしたほうがかっこいいともいわれる。現代の若者の消費の意味を考えると、ひとつには「今を楽しむ」ことを重視していること、そして「仲間つくりや友人と楽しむ」ことである。見えない将来に向かって、何かを犠牲にしながら身の丈以上の消費生活をして人と差異化するよりも、身近な人々との狭い世界を大事にして今を充実させて楽しく生きる、つまり「コンサマトリー」な生き方がその特徴となっている。やや内向きともいえるが、これもスマホなど新メディアの登場や経済の長期停滞が生み出した、ひとつの世代の特徴といえるだろう。今の親世代が体験したバブル時代とは、消費や価値観も大きく変化してきたのである。

ロボットは人の知能をもてるのか
文学部

2016年11月14日、人工知能(AI)「東ロボくん」は、大学入試センター模試で、関東の「MARCH」、関西の「関関同立」と呼ばれる有名私大に合格の可能性が80%以上、と判定された。
 人工知能AIロボットは、チェスや将棋、さらには囲碁の世界チャンピオンも破ったのだから、東大に入ってもおかしくないと言う人もいる。しかし、東ロボくんの研究開発者の新井紀子教授は言う。AIには弱点がある。それは、彼らが「まるで〝意味〟がわかっていない」ということであり、現状のままでは、東大に合格する日は永遠に来ないだろう、と。…「ドラえもん」はあり得ないし、「鉄腕アトム」は無理なのか。…
 ロボット(コンピュータ)に知能をもたせ、それを通して、人の「心」を深くさぐろうとする「シミュレーション」研究法は、近年、「心理学」においても、広く採用されるようになった。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む