駒澤大学

文学部社会学科 社会福祉学専攻

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    マインドマップを利用してのグループワーク

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    ファシリテーター(司会)の役割を、グループワークを通して実践的に学ぶ

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    障害模擬体験を通して、障害者の立場や状況への理解を深める

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    障害模擬体験(金銭支払いなど、利用者の日常生活場面を再現)

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    社会福祉士資格取得に向けての実習(世田谷区立駒沢生活実習所)

  • 社会学科 社会福祉学専攻

    バリアフリーについての現地調査内容を発表

専攻テーマ

福祉の知識と技術を身につけ、
「共感力」「人間力」をはぐくむ

本専攻では、さまざまな福祉分野(児童や障害者・高齢者・低所得者の福祉、医療福祉、地域福祉など)について深く学び、実践的な知識を獲得していきます。同時に、対人援助技術の体系的なトレーニングを通じ、社会人として必要な「共感力」や「人間力」を高いレベルで身につけていきます。少子高齢化が加速する今、福祉的な感性を持つ人材は幅広い分野で求められています。数多くの本専攻卒業生が、国家資格を得て、福祉専門職として福祉施設・機関や病院で相談援助業務に携わっているほか、福祉系企業や大手一般企業で総合職・一般職として活躍しています。また公務員(一般行政職・福祉職)として採用されるケースも増えています。

学科の特徴

  1. 希望に沿った
    キャリアプログラムが選べます

    1年次からのキャリア教育が充実しています。将来、福祉のプロをめざす人は「福祉専門職系」のプログラムで相談援助の知識・技術を磨きます。福祉の知識を生かして一般社会で活躍したい人は「福祉教養系」のプログラムで自らのキャリアをデザインしていきます。

  2. 資格取得や技能向上を
    強力にサポートします

    社会福祉土・精神保健福祉土の両受験資格のほか、社会福祉主事・児童福祉司・児童指導員等の任用資格が得られます。本専攻では、国家試験の合格に向けたサポートプログラムに力を入れています。また、手話や点字などの福祉技能を身につける授業も充実しています。

  3. 少人数教育を重視した授業が
    充実しています

    学生と教員とのface to faceの環境で、密度の高い福祉教育を行っています。基礎演習・専門演習(ゼミ)では、学生が主役となり、問題解決能力やプレゼンテーション能力を身につけます。福祉実習・演習では、理論と実践を段階的に統合しつつ体得していきます。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 地域で行われる多面的な福祉活動の一考察
  • 介護疲れを動機とする社会問題に関する一考察
  • 児童養護施設の現状と課題-入所児童に対する心理的ケアの視点からみた考察-
  • 子どもの貧困と教育格差
  • 高等学校におけるいじめ問題の一考察
  • 知的障害のある人への自立支援-意思決定支援の視点から-
  • うつ病になった学生の求職活動に求められる支援
  • 薬物依存とその支援に関する一考察
  • 福祉分野におけるビジネスモデルについて
  • ワーキングプアを回避する支援についての一考察
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会福祉士受験資格
  • 精神保健福祉士受験資格

主な就職先一覧

ニチイ学館/やさしい手/ベネッセスタイルケア/スターツケアサービス/ニチイケアパレス/社会福祉法人東京聖労院/社会福祉法人ウエルガーデン/社会福祉法人かわせみ会/社会福祉法人横浜市社会福祉協議会/社会福祉法人恩賜財団東京都同胞援護会/社会福祉法人玉村町社会福祉協議会/医療生協さいたま生活協同組合/日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター/医療法人社団KNI 北原国際病院/国際医療福祉大学・高邦会グループ/独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構/フランスベッド/積水ハウス/スズキ/ヤマザキビスケット/東急ストア/ニトリ/日本郵政グループ/みずほフィナンシャルグループ/りそな銀行/常陽銀行/クレディセゾン/横浜信用金庫/城北信用金庫/住友生命保険/第一生命保険/あいおいニッセイ同和損害保険/長野県労働金庫/学校法人駒澤大学/パソナ/全国農業協同組合連合会(JA全農)/エイチ・アイ・エス/防衛省・自衛隊/神奈川県庁/横浜市役所/藤沢市役所/足立区役所/練馬区役所/埼玉県警察/柏市消防局/福島県教育委員会(教員)/千葉県教育委員会(教員)

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

髙見 佳乃子さん

文学部 社会学科
社会福祉学専攻

髙見 佳乃子さん

茨城県立牛久高等学校出身

社会学科 社会福祉学専攻の魅力について
社会福祉学専攻を受験したきっかけは?
人と関わる仕事がしたいと考えていたので、児童系の学びにも興味をもっていました。その後いろいろ考え、最終的に高齢者や障害など多様な視点がもてるようになりたいと思い、社会福祉学専攻に決めました。
社会福祉学専攻ってこんなところ
人と関わることが好きな学生が多いので、みんな優しく仲が良いです。また同学年だけでなく、先輩や後輩とも資格の勉強や実習についての相談などができ、情報交流も盛んな専攻です。
私のオススメ! この授業が面白い!
「社会保障論」
有名アニメの家族がもしも福祉制度を利用したら。という仮定をたてて制度を学びます。アニメの家族を題材にすることで、具体的なイメージをつかんで福祉制度について学ぶことができ、福祉の道に進む予定の学生以外でも役に立つ授業だと思います。
「ソーシャルワーク演習」
実際に福祉現場で働いている人を外部講師としてお招きし、講義をするという内容で、資格取得を目標としている学生は必須の授業です。実際の現場で起こっている生の声を聴く事ができ、とても有意義な時間を過ごすことができます。
私の所属するゼミをご紹介します!
先生手づくりの「福祉人生すごろく」を利用して、自分の将来のライフイベント(例えば就職、結婚、子育てなど)を福祉の視点から考察したり、大学や駒沢公園、自分の家の福祉住環境を専門的見地から見直したりしています。また、資格支援のサポートも充実しているゼミです。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
社会福祉士のための専門的な学びができ、少人数で実践的な授業が学べることが魅力でした。ワンキャンパスなので、さまざまな価値観をもった他学部の学生とも交流できるのも素敵だなと思い、進学を決めました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
今までより周りの人の考え方や、それぞれの個性、持ち味など相手のことをより考えて人と接するようになったと思います。また、自閉症の療育を大学で学び、自分にもできることがあることを知り、挑戦することもできました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
自分の新たな一面を知り、成長できる4年間が待っていると思います。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む