駒澤大学

文学部心理学科

  • 心理学科

    心理学実験室にてサーモグラフィーを使っての実験実習

  • 心理学科

    心理実験室での実習|呼気ガス分析装置を用いた実験から瞑想と呼吸活動の関係に迫る

  • 心理学科

    ハトを使った実験の方法を学ぶ

  • 心理学科

    人間への実験を行ない、ハトの実験結果と比較する

  • 心理学科

    実験で得た結果を統計的に分析する

  • 心理学科

    実験結果をまとめて発表

専攻テーマ

科学的な視点で「心」を捉える。
豊かな感性で「人」を理解する

心理学とは、「心」を科学的な手法で分析し解き明かす学問。そのような心理学を、基礎を重視した教育で着実に修得していきます。本学科では、臨床心理観察室、生理実験室、知覚実験室、動物実験室など15の観察室・実験室から、コンピュータを備えた情報処理室まで、実験・観察・調査のための教育施設が充実しており、授業や卒業研究などで活用されています。さらに大学院の臨床心理学コースには、地域社会を対象とした心理相談機関「駒澤大学コミュニティ・ケアセンター」が併設されています。このような設備の中で、講義だけではなく、実験・演習・ゼミなど、多様な授業科目の学修を通じて、科学的心理学研究の能力を養います。ここで培われた能力は、実社会の様々な職種で活躍の場を広げる土台となります。卒業生の進路は、公務員、一般企業、大学院進学など多岐にわたっています。

学科の特徴

  1. 理論と実践の両面から
    学修するカリキュラム

    特色は「基礎教育重視」「多様な履修科目」「最新の情報」の3点です。基礎教育で心理学という学問の土台を築き、2年次以降は多岐にわたる専門教育科目から最新の研究動向を得て幅広い知識を修得します。理論と実践の両面から学修することで客観的視点と分析力を身につけることが目標です。

  2. 現代社会の諸問題の
    解決に役立つ能力の養成

    多種多様な授業科目の学修を通じて、科学的方法でデータを収集・分析・判断し、それらをわかりやすく、効果的にプレゼンテーションをする力を養います。

  3. 幅広い専門分野を持つ
    教授陣

    心理学科の教員の専門分野は、基礎的な実験心理学から応用の臨床心理学まで、偏りなく幅広い分野の心理学にわたっています。特に臨床心理士の資格を持つ教員は5名おり、全員が本大学院において臨床心理士の養成教育にも携わっています。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 笑い方が他者の印象形成に及ぼす影響
  • ロマンチック・レッド―赤い色が対人魅力に与える影響―
  • ぬり絵が気分状態に及ぼす心理的効果―写経との比較検討―
  • 大学生の完璧主義傾向と先延ばし行動の関係について
  • 恋人の存在が恋愛イメージに及ぼす影響
  • 大学生の賭博傾向とストレスの関連について
  • スポーツの挫折経験を乗り越える過程に関する質的研究
  • 背景画像の親近性が目撃者の識別に及ぼす影響
  • 生理的指標を用いた化粧行動のリラックス効果と男女差の検討
  • 初学者の数息観瞑想における姿勢と練習の効果
資格
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 認定心理士

主な就職先一覧

全日本空輸/東日本旅客鉄道(JR東日本)/パイロットコーポレーション/大和冷機工業/大日本住友製薬/ミクニ/栗山米菓/コーセーコスメポート/東急ストア/島忠/セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎)/日本郵政グループ/みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/横浜銀行/静岡銀行/長野銀行/三井住友カード/城南信用金庫/明治安田生命保険/アパホテル/社会福祉法人神奈川県社会福祉事業団/社会福祉法人天使園 児童養護施設今井城学園/横浜八景島/クラブツーリズム/近畿日本ツーリスト個人旅行/防衛省・自衛隊/杉並区役所/さいたま市役所/練馬区役所/入間市役所/柏崎市役所/埼玉県警察

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

板谷 凜華さん

文学部 心理学科

板谷 凜華さん

新潟県立長岡高等学校出身

心理学科の魅力について
心理学科を受験したきっかけは?
刑事事件における被告人の精神鑑定を行った臨床心理士の方が書いた本を読み、心理学科に興味をもちました。
心理学科ってこんなところ
心理学の歴史や、心理学を学ぶうえでの基本的な知識はもちろん、心理検査や調査、実験といった客観的に「心」をとらえる方法についても学んでいます。他の学科に比べ学生数が少ないので、先生や学生同士の距離が近くアットホームな雰囲気です。
私のオススメ! この授業が面白い!
「心理検査法」
さまざまな心理検査を受けたり、自分が検査者になって他の学生に検査を行ったりします。実際に体験しながら学ぶので、とても役に立つ授業です。
「カウンセリング」
カウンセリングを行う上で必要なことを学んだり、模擬事例を用いて実際にカウンセリングを行います。日常生活にも生かせることが学べるので、関心をむけやすく楽しいです。
私の所属するゼミをご紹介します!
認知心理分野を扱うゼミに所属しています。ゼミではミニ実験を行い、実験方法や分析の仕方を学んでいます。私はまだ研究を始める準備をしているところですが、今後は注意欠陥児における視覚的注意の研究を行いたいと思っています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
犯罪心理学の授業があったこと、パンフレットを読んで大学に惹かれたからです。就職先として公務員も考えていたので、公務員試験対策のバックアップ体制が充実していることも魅力のひとつでした。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学に入学するまでは周りに言われないと行動に移せないことが多かった私にとって、何事にも自分から動く癖がついたのはとても成長したと思っています。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
学生がしたいと思ったことを全力でサポートしてくださる大学です。毎日が本当に楽しく充実しているので、ぜひ入学をお待ちしています!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む