駒澤大学

文学部国文学科

  • 国文学科

    小石川後楽園(東京都文京区)でのフィールドワーク

  • 国文学科

    『たけくらべ』ゆかりの千束稲荷神社(台東区浅草)でのフィールドワーク|文学作品が書かれた背景を体感してより深い講読に生かす

  • 国文学科

    芸能を通して古典文学が記された時代や文化への知見を広める

  • 国文学科

    江戸時代に刊行された実際の書物を講読する

  • 国文学科

    江戸時代の建物から、当時の生活への知見を広める

  • 国文学科

    輪読を通して、作品を精読する訓練をする

専攻テーマ

日本文学と日本語を深く学び、日本文化を多角的に考察する

古代から近現代にいたるまでの多彩な文学作品や文献資料の研究と、それらを支えている社会的、文化的背景について学びます。作品の根底にある時代像、人間像を考察することにより、日本文化の変遷や日本人の価値観の変化について理解を深めます。また、演劇や映像文化とも比較しながら、深く日本文化にふれることができます。講義と演習を通して、確かな読解力、論理的な思考力、的確に意見提示できる発信力を備えた学生を育てます。複雑な現代社会の諸現象を読み解き、急速に変化する社会に柔軟に対応できる能力を有した本学科の卒業生は、国語教員や公務員として、あるいは、金融、物流、製造業などの民間企業でも活躍しています。

学科の特徴

  1. 古代から現代までの
    日本語・日本文学・漢文学の研究

    音韻・語法といった国語学、万葉集、源氏物語、平家物語、徒然草、井原西鶴などの古典文学から、樋口一葉、夏目漱石、村上春樹、江國香織、谷川俊太郎などの近現代文学までの文学作品、日本・中国の漢文文献の研究を、専任教員のもとで幅広く、専門的に学ぶことができます。

  2. 少人数制の専門ゼミと
    多彩な講座

    2年次から必修の演習(ゼミ)があり、少人数制によるきめ細やかな指導が行われています。児童文学作家による創作指導や演劇による身体表現、映像表現の分析や文学との比較、編集実務等、表現に関する学際的で多彩な授業を数多くそろえています。

  3. 厳しさと和やかさをもった
    学修環境

    ゼミ生のみんなが卒業論文を目標にして切磋琢磨し合う環境の中で学べます。卒業生や就活を終えた4年生が後輩に貴重な体験を語り、将来の進路について考えさせる学科独自のキャリア教育も行います。とてもフレンドリーな雰囲気の中で学べます。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 近代雑誌広告の国語学的研究
  • 大分方言の複合語アクセントについて
  • 『万葉集』の「夢」
  • 『源氏物語』研究
  • 『今昔物語集』における鬼について
  • 『平家物語』覚一本における女性像
  • 『西鶴名残の友』論
  • 樋口一葉研究
  • 谷川俊太郎研究
  • 芥川龍之介『魔術』論
資格
  • 中学校教諭免許状【国語】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【国語】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【書道】(1種)
  • 学校図書館司書教諭免許状
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

旭化成ホームズ/ヤマトシステム開発/ソフトバンクグループ/レベルファイブ/大王パッケージ/ノエビア/少年写真新聞社/東奥日報社/地域新聞社/虎屋/オハヨー乳業/トーハン/花王カスタマーマーケティング/大塚商会/三陽商会/ブックオフコーポレーション/三省堂書店/サークルKサンクス/コメリ/ヨドバシカメラ/コナカ/日本郵政グループ/みずほフィナンシャルグループ/三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/城南信用金庫/富国生命保険/グランビスタホテル&リゾート/ホテルニューグランド/相鉄ホテル 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ/学校法人聖マリアンナ医科大学/学校法人昭和大学/学校法人駒澤大学/セレサ川崎農業協同組合/ 日本年金機構/ 農協観光/ 近畿日本ツーリスト/ 防衛省・自衛隊/ 福島労働局/ 清瀬市役所/ 渋谷区役所/ 目黒区役所/ 藤沢市役所/ 八王子市役所/ 警視庁/ 神奈川県警察/ 千葉県警察/ 神奈川県教育委員会(教員)/ 東京都教育委員会(教員)/ 千葉県教育委員会(教員)/ 北海道教育委員会(教員)

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

小松崎 彩さん

文学部 国文学科

小松崎 彩さん

茨城県立土浦第一高等学校出身

国文学科の魅力について
国文学科を受験したきっかけは?
読書が趣味で、いろいろな国の文学を読んでいたのですが、その中でも日本文学を好んで読むうちに、日本の文化と文学について学びたいと思ったからです。
国文学科ってこんなところ
国文学科では、高校までの「国語」の授業の内容を上代や近代などの時代や、文学に焦点をあてた歴史など細かい分野に関して、さらに深いところまで学びます。また文学作品についての考察なども行っているので、話題の作品の話を友人とすると、根拠を挙げて独自の解説を聞かせてもらえるので楽しいです。
私のオススメ! この授業が面白い!
「国語学特講Ⅱ」
パソコンを使う授業で、研究をするためのデータの収集や調査の方法について学ぶことができます。パソコンが苦手でも、丁寧に教えていただけるので理解しやすく役にたつ授業です。
「国文学史ⅡB」
文学作品に着目した歴史を学ぶことのできる授業です。文学を通して当時の社会の様子や思想、文化などを学び、作品の背景や当時の様子を知ることができて面白いです。
私の所属するゼミをご紹介します!
ゼミでは各自がそれぞれ自分の研究したい詩人を選び、講義中に発表と質疑応答を行っています。私は金子みすゞについて研究しているのですが、自分の好きな詩人について研究できるので、モチベーションもあがり、また友人の研究を聞くことで、自分が知らなかった詩人についても知ることができます。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
国文学を学びたいと思い、大学を探していたところ、駒澤大学なら国文学に精通されている先生方のもとで幅広い知識や価値観を得られるのではと思い進学を決めました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
入学してから大学生活は自己管理がとても重要だと感じています。自由な時間が多い分、責任もあるということを自覚して、いろいろな面で慎重に行動することができるようになったと思います。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
なぜ大学にいきたいのか、大学で何をしたいのかを想像するとモチベーションも上がってきます。入学後を想像しつつ、今できることを頑張ってください!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む