駒澤大学

文学部歴史学科 外国史学専攻

  • 歴史学科 外国史学専攻横浜ユーラシア文化館でのフィールドワーク|東洋史に関わる史料から知見を広める
  • 歴史学科 外国史学専攻正教会やビザンティン様式への知見を広める
  • 歴史学科 外国史学専攻取り扱う史料や文献は、英語以外の言語も含めて多岐に渡る
  • 歴史学科 外国史学専攻輪読を通して、欧語文献を正確に読む訓練をする
  • 歴史学科 外国史学専攻それぞれの研究内容を発表

専攻テーマ

歴史学を通して過去と向き合い、
世界の今と未来を見すえるカを

大学進学を考えたとき、どうしても譲れないもの、それは世界史。本専攻は、そんな学生たちが集まる場所です。きっかけは小説やマンガ、高校で世界史の先生が面白い授業をしてくれたなど様々。そうした思いに応えられるよう用意したバラエティ豊かな授業、系統的なカリキュラムのもと、自ら考え問題を解決する力、他者に情報を正確に伝える力を身につけていくことができます。世界史の様々な領域を研究する私たち教員が、全面的にサポートします。4年聞をかけて修得した歴史的思考力は、実社会でも十分に通用します。卒業生は、中学・高校の教員や公務員、出版・旅行・貿易・IT関連など、ときに国や地域の枠も超え、幅広い分野で活躍しています。

学科の特徴

  1. 少人数ゼミによる、
    きめ細やかなサポート体制

    4年間一貫して、専任教員による少人数ゼミ形式の授業が設けられています。1年次の演習科目は、内容を標準化。ICTを利用した通常授業のほかに、クラス担任による個別面談や、合同での実習も行います。教員同士が緊密に連携しながら、卒業まで支援します。

  2. 選択性と専門性、
    不得意の克服と理解の深化

    本専攻は、高校世界史で扱う時代・地域を対象とします。半期科目の「各説」と通年科目の「特講」により、選択の自由度と専門性の向上を目指します。また苦手分野を補う「リメディアル教育」や、言語・地理・思想など多角的に理解を深める「世界史セミナー」を「各説」に設けています。

  3. 知識と専門性を“力”として
    将来に活かす

    教員を志望する学生の多くが、実際に中学・高校の教壇に立っています。公務員、国内外の企業(旅行・出版・貿易・食品・化粧品・ITなど)に就職するほか、在外公館の専門調査員になった例も。本学大学院だけでなく、英・仏・台湾など国外の大学院に進学する学生もいます。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 曹操集団の構成について
  • 唐代における宮廷女性の実態について
  • 宋代泉州のムスリム商人
  • モンゴル時代の科挙をめぐる諸問題
  • 太平天国期における諸反乱
  • 古代エジプトのカノポス容器について
  • 境界域から考える西ローマ帝国の滅亡
  • 服装からみるエリザベス1世の威厳
  • フランス革命期における都市の民衆暴動
  • ドイツの民族観とナチズム
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

スカイネットアジア航空/JR東日本/JR北海道/小田急電鉄/西日本鉄道/東京急行電鉄/西濃運輸/日本通運/アミューズ/ディー・エヌ・エー/三美印刷/伊藤園/アステラス製薬/ヤマハ発動機/ホーチキ/オタフクソース/キヤノンシステムアンドサポート/ファイブ・フォックス/ミドリ安全/ローソン/東急ストア/ニトリ/AOKI(AOKI・ORIHICA)/サマンサタバサジャパンリミテッド/青山商事/三越伊勢丹/三井住友銀行/西日本シティ銀行/北日本銀行/みずほ証券/岡三証券/大和証券/第一生命保険/日本生命保険/明治安田生命保険/ロッテリア(ロッテグループ)/東京タワー水族館/日本郵政グループ/エイチ・アイ・エス/京王観光/財務省東北財務局/防衛省・自衛隊/君津市役所/幸手市役所/市原市役所/船橋市役所/名古屋市役所/東京都特別区/警視庁/埼玉県警察本部/神奈川県警察本部/東京消防庁/皇宮警察本部/牧之原市相良消防本部/教員
※歴史学科全体での主な就職先です。

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

和田 あゆみさん

文学部 歴史学科 外国史学専攻2017年卒業

和田 あゆみさん

神奈川県立霧が丘高等学校出身

歴史学科 外国史学専攻の魅力について
外国史学専攻を受験したきっかけは?
高校の世界史の授業で、西洋史に興味をもったのがきっかけです。授業の疑問点や興味をもったことに関する本を読み進めていくうちに、大学でもっと西洋史について学びたいと思い志望しました。
外国史学専攻ってこんなところ
外国史学専攻は、東洋史コースと西洋史コースに分かれているのですが、私が専攻している西洋史コースは古代、中世、近代にそれぞれ詳しい先生がいらっしゃるので、自分の興味のある時代について専門的に学ぶことができます。学科全体の雰囲気はメリハリがあって、充実した学生生活を送っている人が多いです!
私のオススメ! この授業が面白い!
「西洋史文献史料講読」
フランス近代史に関するフランス語の文献を読み進めていく授業なのですが、最初は読めなかった文章が、量をこなすうちに読めるようになり、内容を理解できたときは嬉しかったです。フランスの歴史についてはもちろんですが、フランス語力も身につきました。

「史学概論」
歴史学とはどういう学問なのかを学ぶ授業で、今後の研究の進め方や文献を読むうえで意識することなどを理解します。1年次に履修したのですが、4年次になった今でもこの授業で学んだことが活かされています。

私の所属するゼミをご紹介します!
西洋近代を取り上げて卒業論文を書くゼミナールに所属しています。私は1年次から卒業論文はフランス革命について書きたいと思っていたので、フランスの歴史に詳しい先生のゼミを選びました。自分の研究したい分野について発表できるのが魅力であり、とてもやりがいがあります!
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
西洋史を専門に学びたかったので、学びたいことを専門的に学べる専攻があった駒澤大学を選びました。また、全ての学部が1つのキャンパスにあるので、所属する学部以外の授業が受けられるところも魅力のひとつでした。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
駒沢大学駅に無意識で降りてしまったとき、駒大生だな・・・と自覚しました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学では自分の好きなように勉強することができます。私はフランス語をもっと勉強したいと思い、語学留学に行きました。留学にいくための準備や勉強など、自分で責任をもって行動できるようになったところが成長できた点の一つだと思います。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
私は駒澤大学に入学して後悔したことは一度もありません!ぜひ充実した4年間を過ごして欲しいです。

佐々木 貴洋さん

文学部 歴史学科 外国史学専攻2

佐々木 貴洋さん

秋田県立由利高等学校出身

駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
歴史に興味があったので、歴史を学ぶにあたり、駒澤大学には最適な環境があったこと、また歴史の中でも東洋史を学びたかったので、東洋史を専攻していらっしゃる先生の授業を受けることができるのが魅力で進学を決めました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学は高校までと異なり、自分が興味をもったことについて自ら動かなければならないので、自分から積極的に学ぼうという習慣が身につきました。
これからの抱負や目標は?
挑戦することを忘れず、苦しいことや辛いことも自分の成長のためのチャンスと考え、常に成長することを意識していきたいです。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
駒澤大学では、他の大学では学べない授業やできない経験がたくさんできます。大学で過ごす4年間で今より大きく成長してみませんか?
入試の対策について
入試直前のおすすめ勉強法は?
自分の考えを論述できるように何度も練習をしていました。
苦手科目の対策はどうしていましたか?
わからないことは高校の先生に聞きにいくようにしていました。そして参考書や教科書を見ながら解いて、解けるようになるまで繰り返し勉強をしていました。
自分流息抜き方法を教えてください!
私は剣道をしていたので、自分が好きな選手の試合や好きな試合の動画を見て息抜きをしていました。
モチベーションを維持するために実践したことは?
自分が大学に入学したときのことを想像して、何をしたいのか、何を学びたいのかを考え、実現するためにはどうしたらいいかをイメージしてモチベーションを維持していました。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む