駒澤大学

文学部歴史学科 考古学専攻

  • 歴史学科 考古学専攻

    勝呂神社古墳(埼玉県坂戸市)でのフィールドワーク

  • 歴史学科 考古学専攻

    神座古墳群(静岡県湖西市)における発掘実習|キャンパスで学んだ知識や技術を実践する

  • 歴史学科 考古学専攻

    中国の瓦の変遷を通して考古資料の取り扱いを学ぶ

  • 歴史学科 考古学専攻

    静岡県湖西市の神座古墳群での発掘実習

  • 歴史学科 考古学専攻

    中国陜西省岐山県の周原遺跡での発掘実習

  • 歴史学科 考古学専攻

    それぞれの研究内容を発表

専攻テーマ

“モノ”と対話し、人類の歴史を読み解く

考古学専攻では、現代に遺された過去のモノ-遺物や遺跡-を扱いながら、当時の人々の暮らしや社会の様相を解明する方法を学びます。遺跡を歩き、発掘調査を行い、出土した遺物に真実を語らせることが、考古学の最大の特徴であり魅力でもあります。考古学の対象となる時代は古い時代ばかりではありません。人々が生活した痕跡さえ見つけることができれば、あらゆる地域や時代が考古学の対象となるのです。卒業生は考古学の専門知識を生かし、全国の県・市町村教育委員会の文化財担当者、埋蔵文化財センターや民間発掘機関の発掘調査員、博物館の学芸員、社会科や地歴科の教員として広く活躍しています。

学科の特徴

  1. 日本と世界の考古学を
    カバーする幅広い講義内容

    考古学専攻として学生を募集している、全国でも数少ない大学です。1年次から考古学を学ぶ仲間とは同じクラス。少数精鋭の環境で考古学の基礎から、日本と世界の各時代の分野を、各分野の第一線の研究者から学ぶことができます。

  2. 学んだ技術を海外・国内の
    発掘現場で実践

    考古学は机の上だけでは学べません。2年次からは、発掘実習の基礎や写真撮影の技術、遺物の実測などを本物の資料を使って学びます。そして、この知識と技術は、3年次に日本、あるいは中国の発掘現場で実践。中国の発掘現場では、現地の学生や地元の方々と交流する貴重なチャンスです。

  3. 考古学の専門知識を活かして、
    学芸員や調査員を目指そう

    卒業生は、考古学の知識や技術をいかして全国各地の博物館学芸員、あるいは地方自治体やその教育委員会で地域の埋蔵文化財を調査し活用する専門的な公務員、民開発掘機関の調査員として、さらに社会や地歴の教員として活躍中です。もちろん、一般企業にもたくさんの卒業生が就職しています。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 縄文時代の宗教観
  • 縄文時代における丸木舟の製作と使用
  • 出雲地域における弥生時代青銅器の生産と流通
  • 古墳時代における赤色顔料使用の意味
  • 武蔵の横穴墓―横穴墓から見る律令制開始期の地域間交流―
  • 蝦夷と蕨手刀
  • 中世城館からみる技術移行―虎口と横矢を中心に―
  • 殷周青銅器に見られる動物器形と装飾
  • 先秦時代における甬鐘の研究
  • 古代エジプトにおける副葬品としての銅製品
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

中電工/エイブル/大東建物管理/スカイネットアジア航空/ANA成田エアポートサービス/日本通運/東京急行電鉄/東日本旅客鉄道(JR東日本)/北海道旅客鉄道(JR北海道)/ディー・エヌ・エー/USEN/リコー/伊藤園/アステラス製薬/文化シヤッター/ヤマハ発動機/ホーチキ/トンボ/日本出版販売/渡辺パイプ/浜屋ガラス/ミドリ安全/ローソン/東急ストア/ニトリ/青山商事/三越伊勢丹/三井住友銀行/北國銀行/北日本銀行/足利銀行/西日本シティ銀行/オリエントコーポレーション/日本郵政グループ/岡三証券/川崎信用金庫/西武信用金庫/長野県信用農業協同組合連合会(JAバンク長野県信連)/日本生命保険/朝日生命保険/明治安田生命保険/リゾートトラスト/学校法人駒澤大学/バンケット・プランニング/野村不動産パートナーズ/JTB首都圏/エイチ・アイ・エス/京王観光/防衛省・自衛隊/皇宮警察/目黒区役所/台東区役所/横浜市役所/潮来市役所/幸手市役所/船橋市役所/茂原市役所/警視庁/埼玉県警察/神奈川県警察/栃木県警察/埼玉県教育委員会(教員)/神奈川県教育委員会(教員)/東京都教育委員会(教員)/千葉県教育委員会(教員)
※歴史学科全体での主な就職先です。

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

泉谷 早耶さん

文学部 歴史学科 考古学専攻

泉谷 早耶さん

静岡県立富士東高等学校出身

歴史学科 考古学専攻の魅力について
考古学専攻を受験したきっかけは?
子どもの頃テレビで放送されていた考古学関係の番組を見て、いつか自分も社会に貢献できるような発見をしたいと思い、志望しました。
考古学専攻ってこんなところ
国内と外国の代表的な研究や、考古学という学問が誕生してからのさまざまな学説を学んでいます。また、考古学で必要となる発掘や撮影、測量で使う機材やカメラの技術を学んでいます。
私のオススメ! この授業が面白い!
「考古学特講Ⅶ」
現場の第一線でご活躍されている先生から、文化財の保存というテーマで先生のさまざまな経験や現状を学ぶことができた授業です。
「考古学実習(実測)」
考古学専攻ならではの授業で、土器や石器を観察し実測を行います。最初の頃は、上手く実測することができなかったのですが、最終的に綺麗な実測図を作ることができて感動しました。
私の所属するゼミをご紹介します!
私の所属するゼミの魅力は少人数で同じような時代や分野を研究する仲間と一緒に学べ、先生との距離も近いところです。先生からアドバイスをいただきながら、考古学における発見や研究がどのような形で社会に貢献できるのかについて研究しています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
幼少の頃から、外国の遺跡に憧れていました。駒澤大学では、学部生から海外へ発掘に行くことができるので、進学先に選びました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
高校までは決まったリズムで生活していましたが、大学は全て自分で決めるので、自主性が育ったと実感しています。大学を通じて文化庁の方々や他大学の先生、現場でご活躍されている方々とお会いする機会があったのですが、自ら積極的に話を伺いに行くことができ、成長を実感しました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
駒澤大学には、学術に専念できる環境、充実したサポート、成長できる機会が整っています。駒澤大学で共に学び、共に成長を実感しましょう!!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む