駒澤大学

文学部歴史学科 考古学専攻

  • 歴史学科 考古学専攻神座古墳群(静岡県湖西市)における発掘実習|キャンパスで学んだ知識や技術を実践する
  • 歴史学科 考古学専攻中国の瓦の変遷を通して考古資料の取り扱いを学ぶ
  • 歴史学科 考古学専攻静岡県湖西市の神座古墳群での発掘実習
  • 歴史学科 考古学専攻中国陜西省岐山県の周原遺跡での発掘実習
  • 歴史学科 考古学専攻それぞれの研究内容を発表

専攻テーマ

“モノ”と対話し、人類の歴史を読み解く

考古学専攻では、現代に遺された過去のモノ-遺物や遺跡-を扱いながら、当時の人々の暮らしや社会の様相を解明する方法を学びます。遺跡を歩き、発掘調査を行い、出土した遺物に真実を語らせることが、考古学の最大の特徴であり魅力でもあります。考古学の対象となる時代は古い時代ばかりではありません。人々が生活した痕跡さえ見つけることができれば、あらゆる地域や時代が考古学の対象となるのです。卒業生は考古学の専門知識を生かし、全国の県・市町村教育委員会の文化財担当者、埋蔵文化財センターや民間発掘機関の発掘調査員、博物館の学芸員、社会科や地歴科の教員として広く活躍しています。

学科の特徴

  1. 日本と世界の考古学を
    カバーする幅広い講義内容

    考古学専攻として学生を募集している、全国でも数少ない大学です。1年次から考古学を学ぶ仲間とは同じクラス。少数精鋭の環境で考古学の基礎から、日本と世界の各時代の分野を、各分野の第一線の研究者から学ぶことができます。

  2. 学んだ技術を海外・国内の
    発掘現場で実践

    考古学は机の上だけでは学べません。2年次からは、発掘実習の基礎や写真撮影の技術、遺物の実測などを本物の資料を使って学びます。そして、この知識と技術は、3年次に日本、あるいは中国の発掘現場で実践。中国の発掘現場では、現地の学生や地元の方々と交流する貴重なチャンスです。

  3. 考古学の専門知識を活かして、
    学芸員や調査員を目指そう

    卒業生は、考古学の知識や技術をいかして全国各地の博物館学芸員、あるいは地方自治体やその教育委員会で地域の埋蔵文化財を調査し活用する専門的な公務員、民開発掘機関の調査員として、さらに社会や地歴の教員として活躍中です。もちろん、一般企業にもたくさんの卒業生が就職しています。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 縄文時代の宗教観
  • 縄文時代における丸木舟の製作と使用
  • 出雲地域における弥生時代青銅器の生産と流通
  • 古墳時代における赤色顔料使用の意味
  • 武蔵の横穴墓-横穴墓から見る律令制開始期の地域間交流-
  • 蝦夷と蕨手刀
  • 中世城館からみる技術移行-虎口と横矢を中心に-
  • 殷周青銅器に見られる動物器形と装飾
  • 先秦時代における甬鐘の研究
  • 古代エジプトにおける副葬品としての銅製品
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

スカイネットアジア航空/JR東日本/JR北海道/小田急電鉄/西日本鉄道/東京急行電鉄/西濃運輸/日本通運/アミューズ/ディー・エヌ・エー/三美印刷/伊藤園/アステラス製薬/ヤマハ発動機/ホーチキ/オタフクソース/キヤノンシステムアンドサポート/ファイブ・フォックス/ミドリ安全/ローソン/東急ストア/ニトリ/AOKI(AOKI・ORIHICA)/サマンサタバサジャパンリミテッド/青山商事/三越伊勢丹/三井住友銀行/西日本シティ銀行/北日本銀行/みずほ証券/岡三証券/大和証券/第一生命保険/日本生命保険/明治安田生命保険/ロッテリア(ロッテグループ)/東京タワー水族館/日本郵政グループ/エイチ・アイ・エス/京王観光/財務省東北財務局/防衛省・自衛隊/君津市役所/幸手市役所/市原市役所/船橋市役所/名古屋市役所/東京都特別区/警視庁/埼玉県警察本部/神奈川県警察本部/東京消防庁/皇宮警察本部/牧之原市相良消防本部/教員
※歴史学科全体での主な就職先です。

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

鈴木 崇司さん

文学部 歴史学科 考古学専攻4

鈴木 崇司さん

静岡県立韮山高等学校出身

歴史学科 考古学専攻の魅力について
考古学専攻を受験したきっかけは?
文化庁が開催している「発掘された日本列島展」で縄文土器など近年発掘された出土品を見る機会があり、考古学に興味をもちました。
考古学専攻ってこんなところ
考古学とは、人類の歴史を遺物・遺構から考えていく学問です。今は主に、鉄製品を中心に学んでいます。人数が少ない分、互いに交流しやすい環境だと思います。
私のオススメ! この授業が面白い!
「考古学各説II」
南アジアの考古学を中心に学ぶ授業。自分自身あまり知らなかったインダス文明について知ることができました。私はバハレーンに発掘へ行ったのですが、発掘に行く前に、授業でバハレーンについて学ぶことができ、とても役に立ちました。

「考古学特講V」
私が専門とする弥生時代の日本列島内における東西交流について扱っている授業です。これからの研究に非常に関わりがあるので、とても役立っています。

私の所属するゼミをご紹介します!
考古学専攻のゼミは、先生が学生の研究したいテーマから判断してゼミを決定しています。現在は鉄製品の型式編年について学んでいますが、最終的には、鉄製品の普及による弥生時代から古墳時代にかけての社会変化について研究する予定です。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
大学に入学したら、土日に行われる学会やシンポジウムに積極的に参加したいと思っていたので、東京の大学に進学したいと思っていました。その中で、考古学専攻があり、発掘が行える大学を探していて、駒澤大学を選びました。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
箱根駅伝を見ていて駒澤大学だけを応援しているときです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学でさまざまな活動を行っているのですが、組織内で何か問題が発生したときに臨機応変に対応できるようになったことです。また、先生や先輩、同級生などに、こまめに報告・連絡・相談をするようになりました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
立地も素晴らしく、都内でワンキャンパスの大学はめずらしいので、おすすめです!!

安藤 創さん

文学部 歴史学科 考古学専攻2

安藤 創さん

私立新島学園高等学校(群馬県)出身

駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
考古学分野で有名な大学であり、1年次から専門的に学べるところが考古学専攻の魅力でした。また少人数で先生方との距離も近く、フィールドワークを大切にしているところもこの専攻を選んだ理由のひとつです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
高校のときと異なり、自分で時間割を作成するので、午前中から授業の日もあれば午後から授業の日もあり、そんな日常に順応したことが一番成長した点だと思います。
これからの抱負や目標は?
将来は学芸員など、考古学関連の仕事に就きたいと考えています。そのために、大学の授業や研究会での活動、博物館に通ったりして知識を増やしていきたいです。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
さまざまな特色のある学部や、明るい先輩方、先生方などたくさんの魅力をぜひ入学して探してみてください。
入試の対策について
入試直前のおすすめ勉強法は?
私は推薦入試だったので、面接対策は高校の先生と面接練習を繰り返しました。小論文も国語や歴史の先生に何度も添削していただいていました。
苦手科目の対策はどうしていましたか?
小論文では、自分の好きな歴史、人物、出来事などを自分の言葉で表現できるよう何度も書くとよいと思います。
自分流息抜き方法を教えてください!
息詰まったら、少し外に出て散歩したりしていました。私の家の周りは緑が多く、周囲に人がいないような時は声を出して歌を歌ったりしていました。
モチベーションを維持するために実践したことは?
合格した後の自分と家族など周りの人が喜んでいる様子や、大学生活を楽しんでいる自分の姿を想像して、自信につなげていました。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む