駒澤大学

文学部地理学科 地域文化研究専攻

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    奄美大島宇検村でのフィールドワーク

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    長野県小布施町大島地区でのフィールドワーク|土地利用の変遷を調査して農村地域の特徴を探る

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    農山村地域の特徴をとらえるために現地へおもむき調査

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    調査状況を地図に書き込み整理する

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    聞き取り調査によって地域の実情を学ぶ

  • 地理学科 地域文化研究専攻

    現地で収集した情報から地域の特徴を探り、地図などを作成してまとめる

専攻テーマ

地域に隠された秘密を様々な方法を駆使して解き明かす

皆さんは「この町はなぜこんなに美しいのだろう」とか「ここで美味しい果物ができるのはどうしてだろう」と考えたことはありませんか? 人聞の活動は場所によって様々です。だから冒頭の疑問は、場所に秘密があるのかもしれません。美しい町並みを維持するためには、地域の人びとのまちづくりの努力が欠かせませんし、美味しい果物を作るには、気候などの自然条件に加えて、都市からの距離や農業経営が関係します。地域文化研究専攻では、地域に関わる「なぜ」に、野外調査や景観観察、統計分析といった様々な方法で迫ります。本専攻で知識と経験を積んだ卒業生たちは、交通や旅行業界、都市計画、行政をはじめ、幅広い分野で活躍しています。

学科の特徴

  1. 地域の文化を
    総合的に考える

    カリキュラム表を見て下さい。「文化地理学」「交通地理学」など文化現象に関わるものだけではなく、自然地理学を含む幅広い専門教育科目が開設されています。講義も実習も野外調査もあります。これらの中から、興味が持てる授業を自由に選択できます。

  2. 書をもって
    野に出よう

    本専攻では実際の体験を重視します。地域の実態を自分の目で見て、地域の人びとの話をじかに聞いてこそ、問題の本質に迫ることができます。そのためには野外調査が欠かせません。現実の体験があって初めて、机上で得られた知識やスキルが役に立ちます。

  3. 地域づくりに
    貢献します

    本専攻では教員免許の他、測量土補・地域調査士・GIS学術士の資格が取得できます。とくに測量土補は非常に有利な条件で取得でき、その後の実務経験で測量士の資格が得られます。東京オリンピック開催を控えて注目が高まっている資格です。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • ゆるキャラの起用プロモーションと地域変化 ―熊本県の「くまモン」を例に―
  • ウォーキングイベントに見る地域性 ―埼玉県東松山市日本スリーデーマーチを事例に―
  • 新しい民俗としての六月灯の受容と変容 ―奄美大島の事例―
  • 高尾山薬王院来訪者の属性と行動
  • ソウル伝統的家屋「北村韓屋村」の観光利用
  • アニメ作品の景観テクスト論 ―「境界の彼方」を事例として―
  • 「昭和レトロ」を取り入れたまちおこし ―青梅商店街を例にして
  • 地方都市において旅客営業を行う臨海鉄道の経営手法と新規需要獲得への取り組み ―水島臨海鉄道を事例に―
  • 大地の芸術祭アートトリエンナーレにおける魅力と回遊性の関係について
  • 宗教施設とヘリテージツーリズム ―「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を例に―
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 測量士補
  • GIS学術士
  • 地域調査士

主な就職先一覧

東京地下鉄(東京メトロ)/東京急行電鉄/東京モノレール/相模鉄道/東日本旅客鉄道(JR東日本)/北海道旅客鉄道(JR北海道)/JTBコーポレートセールス/小田急トラベル/ANA新千歳空港/国際航業/全日本空輸/ANAエアポートサービス/アジア航測/センコー/日本貨物鉄道(JR貨物)/THK/世界文化社/小山酒造/平和食品工業/不二家/岡部バルブ工業/日本アクセス/ファミリーマート/ニトリ/AOKI/日本郵政グループ/三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/常陽銀行/武蔵野銀行/みずほ証券/大和証券/多摩信用金庫/西武信用金庫/東京ベイ信用金庫/明治安田生命保険/地方職員共済組合 地方共済事務局/ニチイ学館/学校法人駒澤大学/アミューズ/一般社団法人日本温泉協会/全日本海員組合/防衛省・自衛隊/国土交通省/東京都庁/川崎市役所/船橋市役所/平塚市役所/文京区役所/警視庁/茨城県警察/群馬県警察/神奈川県警察/埼玉西部消防組合/神奈川県教育委員会(教員)
※地理学科全体での主な就職先です。

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

大平 亮太さん

文学部 地理学科
地域文化研究専攻

大坪 亮太さん

富山県立桜井高等学校出身

地理学科 地域文化研究専攻の魅力について
地域文化研究専攻を受験したきっかけは?
高校生の頃、先生に地理は暗記科目ではないということを教わり、大学で地理学を詳しく学んでみたいと思いました。駒澤大学の地理学科は地理の科目や先生がとても充実していたので、受験を決めました。
地域文化研究専攻ってこんなところ
黙々と勉強に取り組んでいる学生が多いです。ゼミなどで現地調査をすることも多く、奄美大島に行き、集落の方々に御協力いただき地域復興について研究を行ったりしています。
私のオススメ! この授業が面白い!
「地域文化調査法」
この授業では、実際に現地に赴き調査を行います。初めて現地調査に行ったのでとても新鮮でした。また自分が今まで知らなかった文化に触れることができ、とても良い経験になりました。
「地形学」
地形について学ぶだけでなく、地域の文化や防災などと関連づけて幅広い視点から物事を見ることができます。
私の所属するゼミをご紹介します!
私は自分と同じ富山県出身の先生のゼミに所属しています。ゼミ生同士とても仲がよく、アットホームで楽しいゼミです。卒業論文では、富山県黒部市の湧き水を使ってどのような地域復興が出来るかを研究してまとめています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
ワンキャンパスでたくさんの学部があるので、さまざまな人たちと出会う場があるのが魅力でした。また、私は教員をめざしているので、教員になるためのプログラムが充実していたので、駒澤大学を選びました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学入学とともに一人暮らしを始めたので、今まで親に任せていたことを自分ですることによって気づかなかったことを体験することができました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
大学での学びは人としてとても成長できると思います。ぜひ皆さんも駒澤大学で楽しい大学生活を送ってください!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む