駒澤大学

法学部法律学科フレックスB

  • 法律学科フレックスB法務省でのフィールドワーク|裁判所や行政機関など法律に関わる現場に足を運び知見を広める
  • 法律学科フレックスBそれぞれが調べたテーマを発表してディスカッション
  • 法律学科フレックスB図書館で書籍や論文等の資料を探す
  • 法律学科フレックスBデータベース検索で判例を調べる
  • 法律学科フレックスB調べた内容をまとめてレジュメを作成

専攻テーマ

社会に存在する、さまざまな紛争を解決できる法的思考を学ぶ

社会にはさまざまな紛争が存在します。その解決のための方法も、きわめて多様です。しかし最も安全で確実な解決方法は、法による解決です。我が国は法治国家であり、最終的に国家が法に基づいた解決を保障するからです。社会に存在する紛争の種類に応じて、その解決のための法の種類も多数存在します。その中でも、国民の権利、国家統治を扱う憲法、国民相互の財産関係や、家族関係を扱う民法、犯罪とそれに対する刑罰を扱う刑法などの主要な法を学べるように、法律学科のカリキュラムは組まれています。資格試験・公務員試験・一般企業への就職という、将来の進路に合わせた科目を選択して、自分の夢をかなえるように学びましょう。

フレックスBのシステムとは

月~金曜日の6・7時限※(18:00~21:10)と土曜日の3~7時限(13:00~21:10)に開講される授業を基本としながら、フレックスAの時間帯に開講される授業も選択できるコースです。夜間と昼間の授業を組み合わせることで、より専門を深めるとともに、生活スタイルにあった学修計画が立てられます。
※5時限に授業が開講される場合もあります。

  • フレックスAの時間帯に開講される全学共通科目の教養教育科目を卒業までに12単位修得することができます。
  • フレックスAの時間帯に開講される専門選択科目を卒業までに一部科目を除き40単位まで修得することができます(他コース授業時間帯での他学部履修による修得単位を含む)。※他学部履修科目は16単位以内。
  • 所定の試験に合格すれば、2・3年次からフレックスAへのコース変更も可能です。

学科の特徴

  1. 将来設計に必要な
    法的知識を学べます

    独立開業できる法的資格を取得するための試験や、各種公務員試験にも法的知識を必要とします。それらの試験科目の基礎を学ぶことができます。また一般企業内でコンプライアンス(法令遵守)を実施するために必要な法的知識も学べます。

  2. 効率的に
    学修ができます

    主として、夜間の6・7時限に学修していくので、昼の時間を有意義に使うことができます。また入学金・授業料は、他学部・学科に比べて安価です。このように時間と金銭の面で効率よく学修することができます。充実した学びの時間を過ごしましょう。

  3. 自由に科目選択が
    できます

    法的知識の根本である憲法・民法・刑法の3法は、法律学科の学生として、必ず学ばねばなりません。しかしこの3法を基礎としたら、それ以外の様々な法を学ぶことは自由です。将来にとって有益な科目選択をしてみましょう。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 参政権と一票の格差
  • ブラック企業と労働法
  • 高齢者の財産保護と刑事事件
  • 家族法における男女間差別
  • 凶悪化する少年事件と少年法
  • 株式会社における経営権
  • 経済活動と消費者保護
  • 企業の経済活動と法規制
  • 領土問題と国際法
  • 国民の健康被害と国の責任
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事任用資格

主な就職先一覧

国税庁東京国税局/防衛省・自衛隊/栃木県庁/松山市役所/松本市役所/行田市役所/警視庁/神奈川県警察本部/埼玉県警察本部/東京消防庁/川崎市消防局/法律事務所/独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構/東急リバブル/レオパレス21/JR東日本/東京急行電鉄/東京地下鉄(東京メトロ)/JR北海道/カプコン/ソフトバンク/王子グループ/コーセー/クリナップ/本田技研工業/NEC/ブルボン/新日鐵住金/三菱文具/花王カスタマーマーケティング/大正富山医薬品/セブン-イレブン・ジャパン/ローソン/イオン銀行/みずほフィナンシャルグループ/横浜銀行/東日本銀行/SMBC日興証券/農林中央金庫/日本郵政グループ/第一生命保険/ANAスカイビルサービス/日本中央競馬会/セコム/教員/大学職員

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

板垣 玲祐さん

法学部 法律学科4

板垣 玲祐さん

山形県立鶴岡中央高等学校出身

法律学科の魅力について
法律学科を受験したきっかけは?
契約をしたときに、どのような法律によってその契約が成立するのかなどを知りたいと思ったこと、また日本のさまざまなルールについて詳しく知りたいと思ったのがきっかけです。
法律学科ってこんなところ
今は民法、会社法など民事系の法律科目を重点的に学んでいます。1年次は夕方から始まる授業が多かったのですが、2年次以降は他の学科と変わらない時間割で勉強しています。
私のオススメ! この授業が面白い!
「知的財産法」
著作権などの権利侵害とはどのようなものがあるのか、侵害された場合どうすればいいのかを詳しく学ぶことができ楽しかったです。

「刑事政策」
犯罪とは何か、犯罪の増減に関する現状を知るだけでなく、犯罪が発生してから犯罪者が刑務所に入るまでや、その後どう再社会化させるかについてなど詳しく学ぶことができました。

私の所属するゼミをご紹介します!
憲法のゼミに所属し、公務員の労働基本権について研究しています。公務員は民間企業と異なり労働基本権が制限されています。また、公務員の中でも自衛隊、警察官などそれぞれ労働基本権が制限される具合が異なることについてどうあるべきか研究しています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
私は比較的学費の負担が少ない大学を探していました。たくさんの大学を調べる中で、学費の負担が少なく、法律をしっかりと学ぶことのできる法律学科のフレックスBに進学したいと思い志望しました。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
お正月の箱根駅伝で、駒澤大学を応援しているときです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学ではなんでも自分で動かなければならないので、自主性が高くなったと感じています。また、ゼミなどたくさんの人の中で、自分の考えを積極的に話せるようになった点も成長したと感じています。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
さまざまな学部が一つのキャンパスにまとまっているので、たくさんの人と交流することができます。サークル活動もたくさんあるので、自分のしたいことが見つかると思いますよ。

高島 悠平さん

法学部 法律学科2

高島 悠平さん

東京都立府中東高等学校出身

駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
将来警察官になるのが夢なのですが、大学の理念でもある「慈悲の心」と「智慧」を磨き、より次元の高い人間になりたいと思い、駒澤大学に進学を決めました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
高校生の頃は、「警察官になりたい」としか思っていなかったのですが、大学に入学し先輩に「なぜなりたいのか」「なって何がしたいのか」と聞かれ、目標の先について考えるようになりました。
これからの抱負や目標は?
法律を学ぶことで、家族や友人、周りの方々が何かトラブルに巻き込まれた時などに、自分の知識を用いて、解決につなげられるようになれたらと思っています。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
他人とは比べずに何事も全力で、目標に向って頑張ってください。
入試の対策について
入試直前のおすすめ勉強法は?
自分が問題を作成する先生なら、こんな問題を出すと仮定し、問題を解いていました。
苦手科目の対策はどうしていましたか?
大切なところを丸暗記したり、自分で問題を作ったりして対策していました。
自分流息抜き方法を教えてください!
甘いものを食べたり、音楽を聴いてリフレッシュしたり、運動をしたりして勉強の疲れを解消していました。
モチベーションを維持するために実践したことは?
無理をしないことと、勉強をする前に必ず音楽を聴いて気持ちを高めてから勉強をしていました。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む