駒澤大学

法学部法律学科フレックスA

  • 法律学科フレックスA企業活動に関する判例研究を通して、現代社会における企業という存在を法律の観点から理解する
  • 法律学科フレックスA上場企業の経営と法律の関わりについて現場の情報を伺う
  • 法律学科フレックスAデータベース検索で判例を調べる
  • 法律学科フレックスA書籍や判例を基にテーマを掘り下げる
  • 法律学科フレックスA調べた内容を発表してディスカッション

専攻テーマ

日常生活からグローバルな交流まで、現代社会を支える法を学ぶ

現代社会では、企業や政府、自治体など、多様な組織や団体が法によって形成され、政治や経済、日々の暮らしも法に基づいて動いています。また国境を越えるグローバルな経済的・文化的交流においても法は重要な役割を果たしています。法律学科フレックスAでは、日本法についての基本的な理解を基礎としながら、現代社会の先端分野やグローバルな社会に関わる法のあり方まで、幅広い知識を得ることができます。また職業人として・市民として法を実際に活用していく法的思考を身につけることができます。こうした法の知識と応用力は、各種資格試験や公務員試験、一般企業への就職など、希望する進路へすすもうとするとき、大いに役立ちます。

学科の特徴

  1. 将来設計に必要な
    法的知識を学べます

    司法書士など独立開業できる法的資格を取得するための試験や、国家・地方公務員、警察官など各種公務員試験には法的知識を必要とします。それらの試験科目の基礎を学ぶことができます。また企業内でコンプライアンス(法令遵守)を実施するために必要な知識など、民間企業・団体への就職に直結した学修ができます。

  2. 少人数教育で実践的な知識が
    確実に身につきます

    「新入生演習」で法学部での学び方を身につけた後、基礎的科目の知識を深める2年次の基礎演習、専門的知識の応用力を養う3・4年次の演習まで、少人数で行なわれるきめ細かい授業が用意されており、討論や共同研究を通じて様々な発見をすることができます。

  3. 効率的かつ自由に
    学修ができます

    フレックスシステムにより、9時~18時の時間帯を時間割の中心としながらも、18時以降の時聞に開講されている授業を履修することもでき、自分の生活設計に合わせて時間を自由に活用できます。大学からは渋谷へも近く、キャンパスの外での様々な活動と大学での学修を両立することが可能です。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 最高裁判例におけるDNA鑑定結果の証拠能力について
  • 子育て支援の法と政策
  • 高齢者医療・介護改革の法的検討
  • 予防接種と国家賠償責任
  • 地方議会の政務調査費
  • 交通事故における損害賠償請求の実態
  • ブランドと法律
  • 学力低下問題とその対策
  • 派遣労働における使用者責任
  • インターネット社会における著作権法のあり方
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

国土交通省/厚生労働省/財務省/法務省/警察庁関東管区警察局/国税庁東京国税局/国税庁関東信越国税局/刑務官/皇宮警察本部/裁判所事務官/防衛省・自衛隊/埼玉県庁/千葉県庁/長野県庁/広島県庁/横浜市役所/相模原市役所/府中市役所/東京都特別区/警視庁/神奈川県警察本部/千葉県警察本部/福岡県警察本部/東京消防庁/川崎市消防局/法律事務所/社会保険労務士事務所/東京電力/タマホーム/住友林業/積水ハウス/みずほ信不動産販売/三井不動産リアルティ/三菱UFJ不動産販売/JR東日本/KDDI/ソフトバンクグループ/ミズノ/理想科学工業/ディーエイチシー/ナイスク(NAISG)/七賢出版/新興出版社啓林館/ホーチキ/ブルボン/メリーチョコレートカムパニー/三立製菓/神戸屋/新日鐵住金/パナソニック/TOTO/オルビス/日本アクセス/兼松/東京ヤクルト販売/サマンサタバサジャパンリミテッド/みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/横浜銀行/常陽銀行/清水銀行/東京都民銀行/大和証券/西武信用金庫/川崎信用金庫/日本生命保険/明治安田生命保険/あいおいニッセイ同和損害保険/独立行政法人労働者健康福祉機構/JA北海道厚生連/全国健康保険協会/オリエンタルランド/日本郵政グループ/朝日広告社/伊豆急ホールディングス/横浜商工会議所/日本年金機構/エイチ・アイ・エス/クラブツーリズム/大学職員/教員

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

下村 聡美さん

法学部 法律学科2017年卒業

下村 聡美さん

栃木県立宇都宮北高等学校出身

法律学科の魅力について
法律学科を受験したきっかけは?
法律は私たちが生活するうえでとても重要な役割を担っているだけでなく、もしもの時は自分や大切な人たちを守る盾にもなります。私も誰かの役に立てる人になりたいと思い志望しました。
法律学科ってこんなところ
他学部に比べて落ち着いている印象を持ちますが、学生同士の仲もよく、和気あいあいとしていて楽しいです。また、法律を学び、法曹や資格取得を目指す人も多いせいか、芯の通っている人や自分の目標に向って頑張っている人が多く、自分自身の学びの励みにもなっています。
私のオススメ! この授業が面白い!
「知的財産法」
特許権や著作権、商標権といった、目に見えない財産価値に対してその保護を図る法律で、最近ニュースなどでも問題になることが多く、興味深かったです。

「比較憲法」
外国の法制度を日本と対比しながら学びます。日本とは異なる制度や機関もあるので、それぞれの特徴を学ぶことで日本の法制度についてより理解できるようになりました。

私の所属するゼミをご紹介します!
グループごとに民法の主要な判例を考察し、もし自分が当事者ならどのように主張するか、それに対して相手はどのように反論するかを、条文に当てはめながら考え、発表を行っています。発表までの準備はとても大変ですが、とてもやりがいのあるゼミです。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
オープンキャンパスでとても親切に対応してくださった先輩に感動したこと、また駒澤大学の理念の1つに「慈悲」という言葉があり、講義の中に「慈悲」の考えを学べる講義もあることを知り、私も先輩方のように勉強だけでなく人としても成長できるのではと思い志望しました。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
高校生のころオープンキャンパスで案内していただいた図書館で勉強しているときです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
大学で学ぶ中で、興味のある分野を深く掘り下げて学ぶ面白さを知り、高校までの自分と比べると、主体的に学び、行動できるようになったと実感しています。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
もし今夢が明確ではなくても、駒澤にはやりたいことに挑戦できる環境が整っています。まず1歩踏み出してみてください!

荒 幸輝さん

法学部 法律学科2

荒 幸輝さん

私立花咲徳栄高等学校(埼玉県)出身

駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
社会保険労務士になる夢があり、法律学部を希望していました。また、都内の有名な大学に行きたい!と思っていたところ、立地条件の良い駒澤であれば、多くの経験・刺激が得られると思い進学を決めました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
入学してから、自ら進んで勉強するようになりました。大学は高校と違い平日も自分でスケジュールを組めるので、スケジュール管理を常に行うようになりました。
これからの抱負や目標は?
4年間しっかり勉強して、資格を取りたいと考えています。また、英語も今まで以上に勉強し留学をして自分自身の成長につなげていきたいと思います。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
駒澤大学は伝統があり、とても良い大学です。駒澤大学生になりたいという野望をもち、自信をもって受験してください!
入試の対策について
入試直前のおすすめ勉強法は?
小論文では、どのような題が出題されても対応できるようにとにかく数をこなしていました。面接はたくさんの人に相手をしていただいて、常に新鮮な気持ちで練習していました。
苦手科目の対策はどうしていましたか?
小論文も面接も苦手だったので、とにかく数をこなして慣れるように心がけていました。
自分流息抜き方法を教えてください!
疲れたら、音楽を聴きながら眠ったりしてリフレッシュをしていました。他にも体を動かすのも気分転換になりました!
モチベーションを維持するために実践したことは?
オープンキャンパスに参加したり、大学のホームページを開いたりしてモチベーションを上げていました。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む