駒澤大学

医療健康科学部診療放射線技術科学科

  • 診療放射線技術科学科

    がん研究会有明病院(東京都江東区)にてリニアックを使った実習

  • 診療放射線技術科学科

    実験室での生化学実験|診療放射線技師に必須の生命活動に関わる化学の知識を得る

  • 診療放射線技術科学科

    MRI(磁気共鳴画像)装置の構造や操作について学ぶ

  • 診療放射線技術科学科

    MRI装置を操作をして、実際に画像を撮影する

  • 診療放射線技術科学科

    医師が読影しやすいように画像処理

  • 診療放射線技術科学科

    研究内容について、研究室合同報告会にて発表

専攻テーマ

医療画像と放射線治療のプロフェッショナルを目指す

本学科は、日々進化している医療界に対応できる診療放射線技師を育成します。診療放射線技師は、おもに医療画像と放射線治療を担当しています。X線などの放射線を用いた画像はもちろん、放射線を用いない超音波やMRI(磁気共鳴画像)など、医療画像全般に深く関わっています。また、狙った患部に必要量の放射線を正確に照射する放射線治療も技師の仕事です。医療分野における技術革新の速さは、まさに目を見張るばかりで、これまでの最新医療の常識が、あっという間に変わってしまうこともあります。そのような変化にも十分対応出来ることはもちろん、患者さんへの心配りも大切にする診療放射線技師を育てています。

学科の特徴

  1. 豊富な専門・教養科目と
    効率の良い学修成果

    診療放射線科学領域を中心にした専門知識・技術を学び、教養科目を幅広く履修することにより、医療人の基礎能力を身につけます。また、半期科目の増加などでより効率良い学修成果もねらっています。3年次までには国家試験出題科目をすべて終了し、4年次には卒業研究と国家試験対策に集中することができます。

  2. 多様化する診療
    放射線科学領域に対応したコース制

    多様化する診療放射線科学領域に対応するため、3年次よりコース制を採用し、より専門性を重視した科目を体系的に配置しています。診療技術系に重点を置いたコースと画像情報系を主にしたコースは駒澤大学のみが実施するカリキュラムです。4年次には各コースの指導教員のもとで研究に取り組み、卒業研究発表会に備えます。

  3. 国家資格を基に適性に
    応じて進路の幅を広げる

    卒業生の大半は国公立病院、大学病院などの比較的大規模な医療施設に就職しますが、個人の適性に合わせ健診機関やクリニックなどを選ぶこともあります。大学院に進学する学生も毎年10名程度います。最近では病院で臨床経験を積んだ後、放射線・医療機器関連の企業に転職する例も見られます。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • デジタルマンモグラフィのダイナミックレンジ測定に関する検討
  • 乳房撮影におけるAlフィルタの効果
  • 18F-FDG PET/CTを用いた低放射能濃度におけるNECRの測定
  • 3Dプリンターを用いて造形した胃疾患モデルの再現性に関する検討
  • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に効果的なホウ素内封リポソームの開発
  • 小児の頭部CT検査における主な臓器の被ばく線量と防護
  • 肺機能画像を用いた肺SBRT治療計画の有用性
  • 視覚的粒状隠蔽効果の検証
  • 乳腺超音波検査における視野拡大表示について
  • MR画像におけるwavelet変換を用いた画像圧縮の検討
資格
  • 診療放射線技師国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

一部事務組合下北医療センター むつ総合病院/公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院/独立行政法人国立病院機構 東京医療センター/社会医療法人栗山会 飯田病院/一般財団法人健康医学協会/埼玉県立病院/社会医療法人緑泉会/日本赤十字社 諏訪赤十字病院/学校法人聖マリアンナ医科大学附属病院/医療法人社団若林会 湘南中央病院/医療法人新青会 川口工業総合病院/社会医療法人壮幸会 行田総合病院/メディカルスキャニング/一般財団法人自警会 東京警察病院/医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院/特定医療法人慶友会 慶友整形外科病院/国立大学法人東京医科歯科大学 医学部附属病院/社会福祉法人恩賜財団済生会 千葉県済生会習志野病院/独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院/地方独立行政法人神奈川県立病院機構/国立研究開発法人国立がん研究センター 中央病院/国立大学法人千葉大学 千葉大学医学部附属病院

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

影山 肇さん

医療健康科学部
診療放射線技術科学科

影山 肇さん

静岡県立清水東高等学校出身

診療放射線技術科学科の魅力について
診療放射線技術科学科を受験したきっかけは?
親族を癌で亡くした時、「もっと早くみつかっていれば」という思いがあり、医療、特に病気を見つける技術に興味をもちました。そこで、放射線を使い病気の診断を行う技術を学びたいと思い受験しました。
診療放射線技術科学科ってこんなところ
診療放射線技師は機械を用いて患者さんの検査を行う医療職です。そのため医学や解剖学をはじめ、扱う機械、放射線に関する知識などを学びます。学生は診療放射線技師をめざすという明確な目標をもっているので、勉強に対するモチベーションが高いです。
私のオススメ! この授業が面白い!
「放射線物理学」
1年次に初めて放射線を学ぶ授業です。初めて学ぶ内容で大変なことも多かったですが、これから先、しっかり授業を受けなければいけないと気をひきしめることができた授業だと思っています。
「画像工学」
画像処理や解析、それに関わる基本的知識を学びます。1枚の画像からより良い画像を作ることができるといった技術に強く興味をもち、研究室を決めるきっかけにもなった授業です。
私の所属する研究室をご紹介します!
画像工学に力を入れている研究室に所属しています。私はコンピュータに画像を学習させ、コンピュータに病気を発見させることを目標に研究を行っています。研究室では定期的に勉強会などを開催していて、学習へのモチベーションを維持しやすく、整った勉強環境で研究しています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
診療放射線技師の養成校であるということ、その上で大学として知名度があり医療系の専門大学ではないことが理由です。駒澤大学には看護学部や医学部はないので、他の医療職を目指す学生との交流が難しいのですが、医学の知識は現場に出てからでも得る機会があると思い、大学時代はむしろ医療とは関係のない学びをしている学生と交流を深めたいと思い志望しました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
知識量が増えたと思います。ちょっとした会話にも専門知識を絡めていたりして、勉強の成果を感じたりもします。また、大学では初対面の人や目上の方と接する機会が増えるので、入学前は人見知りだったのですが、今では初対面の人と臆せず接することができるようになりました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
駒澤大学は立地や環境、教育ともに優れた大学です。ぜひ合格めざして頑張ってください!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む