駒澤大学

グローバル・メディア・スタディーズ学部の特長

グローバル・メディア・スタディーズ学部の特長

国際社会で通用する実践的な英語力を習得

英語そのものを学ぶというよりも、
「英語を使いこなし、
グローバル社会に貢献する。」

そのための能力を高める学びを提供します。

  1. 1年次1年次

    1年次

    英文読解、英語を使ったコミュニケーションの基礎をネイティブ教員による少人数クラスで徹底的に学習。

  2. 2年次以降2年次以降

    2年次以降

    英文読解、英語を使ったコミュニケーションの基礎をネイティブ教員による少人数クラスで徹底的に学習。

グローバル人材育成のために学際的なアプローチを採用

学際的な学問追究

多重的アプローチで幅広い学問分野を横断するための基礎となる学問領域として、経済学、経営学、社会学、政治学/政策学、文化学、法学、コミュニケーション学、情報学の8分野を視野に入れています。

産業界の今を知り、地域活性化に取り組むプログラムの一環として、実務家や第一線で活躍するクリエーターを講師に招き、専任教員との共同授業を開講しています。
技術革新がめざましいメディアやコンテンツの理論と実践の両面からアプローチし、それぞれの理解を深め、経済成長の一端を担うリーダーを育成します。

  1. 株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役社長 宇佐美進典 氏

    株式会社VOYAGE GROUP
    代表取締役社長
    宇佐美進典 氏
    「インターネットビジネスと起業」

  2. 株式会社スクウェア・エニックス 河津秋敏 氏、橋本真司 氏

    株式会社スクウェア・エニックス
    河津秋敏 氏、
    橋本真司 氏
    「ロマンシング・サガやファイナルファンタジーのビジネス」

実践メディアビジネス講座I実践メディアビジネス講座III

留学時期・期間を考える際の選択肢が幅広い

point1

他の学部・学科では、通年科目といって1 年間(前期・後期)を通して学びが完成する科目が存在します。これに対し、グローバル・メディア・スタディーズ学部の専門科目は、全てが半期科目(前期のみ・後期のみで修得できるよう設計された科目)です。

日本の大学は4月から新学期が始まりますが、海外の大学は9 月が学期の始まりになります。
この半期科目制度は、秋入学にも対応しやすく、海外体験の幅が広がります。

point2point2

学部留学・語学留学(英語だけでなく、あらゆる外国語が対象)・ボランティア・インターンシップなど、日本国外におけるあらゆる研修が、大学全体の制度としての単位認定とは別に、グローバル・メディア・スタディーズ学部専門科目の単位として認定されます。

単位取得・認定までの流れ

Study abroad Ⅰ~Ⅳの場合

海外研修実践講座Ⅰ~Ⅲの場合


KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む