駒澤大学

経済学部商学科

  • 商学科練馬区立大泉東小学校でのフィールドワーク|食育と給食の観点から消費経済を考察する
  • 商学科食品メーカーのグローバル展開やM&Aについて現場の情報を伺う
  • 商学科合宿ではワークショップにて他学年との交流を図る
  • 商学科週に何度かグループで集まりディスカッション(サブゼミ)
  • 商学科サブゼミでまとめた内容を発表して、研究の深化を図る

専攻テーマ

企業が求める高度職業人に必要な問題発見・解決力を養う

グロ一バリゼーションやIT化など、商学を取り巻く環境は激変しています。これに対応すべく、商学科では、マーケティング、流通、情報、貿易、金融、会計などの分野について、現代のニーズに対応した多様な科目群を開設しています。これらの科目と演習における様々な活動を通じ、企業が求める高度職業人に必要な問題発見・解決力を身につけることができます。卒業後は、卸・小売業、サービス業、金融・保険業などの一般企業に就職する他、大学院進学や公認会計士や税理士等の職業会計人を目指す人もいます。

学科の特徴

  1. 流通・金融・会計を
    総合的に学ぶ

    商学科では、流通・マーケティング・情報、貿易・金融、会計の各分野を総合かつ体系的に学ぶことができます。これらの知識をベースに、演習における様々な活動を通じ、企業が求める高度職業人に必要な問題発見・解決力を身につけることができます。

  2. 実践的な授業や
    課外活動

    商学科では、企業で何が行われているかを実践的に学ぶことができます。たとえば銀行、証券、商社等で活躍する先輩を講師にした授業、演習でのフィールドワークがあります。これらの学びと学部のキャリア教育科目を通じて、将来の進路を強力にサポートします。

  3. 会計やITの専門家を
    養成する

    他大学にない「会計プロフェッショナルクラス」と「ITプロフェッショナルクラス」を開設しています。卒業後は、会計プロフェッショナルクラスは公認会計士や税理士、ITプロフェッショナルクラスはIT大手やメガバンク等ITを使う大手企業に就職しています。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • TPPが日本に与える影響-日本の第二次産業を中心とする考察
  • テレビのコンテンツのマーケティングマネジメント
  • 国内アパレル市場における価格のニ極化に関する考察
  • 観光産業におけるインバウンド事業の可能性 ~人口減少社会の中における消費の拡大~
  • エレクトロニクス産業にみるブランド事業への憧れと現実~スマイルカーブの呪縛~
  • 租税回避行為における法的解釈と適用
  • 日本の消費税の望ましいあり方について
  • カフェ業界の経営戦略
  • 日本企業とBOPビジネス~資金調達方法の検討~
  • 日本における金融教育の現状と展望
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【商業】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行/りそなホールディングス/横浜銀行/東京都民銀行/オリエントコーポレーション/クレディセゾン/三菱UFJニコス/東急カード/三菱UFJモルガン・スタンレー証券/野村證券/大和証券/横浜信用金庫/世田谷信用金庫/明治安田生命保険/損害保険ジャパン日本興亜/積水ハウス/大和ハウス工業/九電工/東洋埠頭/JR東日本/遠州鉄道/ソフトバンク/エイベックス・グループ・ホールディングス/エヌ・ティ・ティ・ドコモ/理想科学工業/UCC上島珈琲/伊藤園/ディーエイチシー/塩野義製薬/協和発酵キリン/クリナップ/LIXIL/スズキ/本田技研工業/シャープ/富士通/シチズンホールディングス/レナウン/パナソニック/バンダイ/日本出版販売/キヤノンシステムアンドサポート/日本種類販売/ニトリ/全国農業協同組合連合会(JA全農)/ミキハウス/ホリプロ/日本郵政グループ/セコム/博報堂/船井総合研究所/日本年金機構/JTB首都圏/和歌山県庁/川崎市役所/茅ヶ崎市役所/東京都特別区/警視庁/千葉県警察本部/広島県警察本部/千葉市消防局/大学職員/教員

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

谷口 佑也さん

経済学部 商学科2017年卒業

谷口 佑也さん

埼玉県立熊谷西高等学校出身

商学科の魅力について
商学科を受験したきっかけは?
高校時代に政治経済の授業を受けていて、将来社会に出たときに、最も自分にとって役立ちそうな知識だと感じたからです。
商学科ってこんなところ
会計・簿記といった、企業のお金の出入りに関する学びが主体となっています。流通・情報コース、会計・経営コース、金融・貿易コースといったさまざまなコースがあるので、自分の興味関心にあった選択ができるのが魅力です。
私のオススメ! この授業が面白い!
「経営分析」
企業の財務状況を分析し、その企業がどのような状況にあるのか判断する力を身につける授業です。就職活動の際も役立つ知識だと思います。

「簿記論」
1年次に履修したのですが、簿記の知識は経済学部のさまざまな授業で役に立つ基礎になるので、今も役立っています。

私の所属するゼミをご紹介します!
人をいかに活用して最大限に力を発揮させるかといったテーマで研究を行っています。私は若年層の労働モチベーション推移について研究しています。報告などするべきときはきっちり行うといった切り替えがはっきりしているところが魅力です。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
駅伝や野球で成績を残しているなど全国的な知名度があり、卒業してもずっと身近に母校を感じられるのではと思ったからです。また、全学部学科が1つのキャンパスに集まっているので、さまざまな出会いが経験できると思い志望しました。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
駒澤大学と書かれた正門を通り、入学式に参加したときです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
入学を機に将来に向けてしっかり勉強に取り組もうと考えた結果、学長学業奨励賞を3年連続でいただくことができ、自分の成長を感じられました。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
ぜひ駒大生になってください!!!

阿部倉 あみさん

経済学部 商学科2

阿部倉 あみさん

茨城県立土浦第三高等学校出身

駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
所属する学部以外の授業も学ぶことができ、経理研究所やトップマネジメント講座などの魅力あるカリキュラムが豊富にあるので、自分の夢の実現に一番あっているのではと思い、志望しました。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
授業でわからなかったことはすぐに先生に相談したり、募集している講座やサークルなどに積極的に参加したり、自ら考えて行動することができるようになりました。
これからの抱負や目標は?
新しい出会いやたくさんの経験をし、自分のもつ能力を最大限に発揮して、周りの人に信頼されるキャリアウーマンになりたいと思っています。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
自分の力は無限大です。幅広く豊富にあるカリキュラムはきっとあなたの夢や目標をかなえてくれます♪
入試の対策について
入試直前のおすすめ勉強法は?
これまで勉強してきたことを思い出して、気持ちを落ち着かせるのも大切です。
苦手科目の対策はどうしていましたか?
基本からじっくり学び、自分は何が苦手なのかを徹底的に分析しました。
自分流息抜き方法を教えてください!
美味しいものを食べたり、友人と些細なことでも思いっきり笑ったりして、息抜きをしていました。
モチベーションを維持するために実践したことは?
1週間単位で目標を決めることで、途中で飽きたりせず目標に向って全力で取り組むことができました。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む