駒澤大学

仏教学部禅学科

  • 禅学科鎌倉五山第一位の古刹にて中世禅僧の足跡をたどる
  • 禅学科禅についての研究発表
  • 禅学科インターネットを活用して広く海外からも情報を収集する
  • 禅学科禅を扱った海外の書籍を講読して知識を深める
  • 禅学科留学生と禅や仏教について語り合い情報を得る

専攻テーマ

仏教全般にわたる知識を身につけた上で、禅の歴史や教えを学ぶ

禅はいまから約1,500年ほど前、菩提達磨によってインドから中国にもたらされたとされ、中国において東洋の思想や文化の影響を受けて大いに発展し、日本へと伝わりました。禅は日本の文化や習俗に大きな影響を与え、その素朴で端正な教えや実践は、海外の人々の関心も呼んでいます。仏教学部では1・2年次の学科区分を設けておらず、1・2年次では仏教全般の基礎を確実に身につけます。そして、3年次以降、禅学科では、中国や日本の禅を中心に専門的な研究を行います。皆さんの関心や目的に十分に応えられる多彩な教員を揃え、禅の様々な分野の講義が行われています。卒業後は曹洞宗の僧侶として活躍する人はもちろん、多様な分野に就職し活躍しています。

学科の特徴

  1. はばひろい
    基礎教育

    1・2年次は学科の区別なく、共通のカリキュラムで仏教全般の基礎を身につけます。1年次では導入科目を中心に集中して基礎を学びます。2年次では少人数の『基礎演習』で知識を深め、3年次以降の学科選択がスムーズにできるよう指導します。

  2. 多彩な教授陣

    禅学科には11名の専任教員がいます。専門分野は、中国禅宗史、中国禅思想、日本禅宗史、曹洞宗学、臨済禅、禅美術等と多岐にわたり、皆さんの知的関心に応え、禅に関する研究を幅広く指導できる教員を揃えています。

  3. 充実したゼミ

    3年次になると少人数での演習、いわゆる「ゼミ」が必修科目となり、禅に関する文献を中心に講読が行われます。皆さん自身による研究成果の発表や、先生や仲間との討論は、皆さんの知的興味を満足させ、また禅の教えは自ずと豊かな心を育んでくれるでしょう。

データ

研究課題・卒論テーマ
  • 曹洞宗と臨済禅の比較研究
  • 女性と仏教
  • 道元禅師の生涯と思想
  • 剣禅一如の精神について
  • 禅と茶道
  • 仏壇の起源と変遷
  • 現代的視点から見た『典座教訓』の意義
  • 『正法眼蔵』「有時」巻の研究
  • 自我に関する一考察
  • 枯山水について
資格
  • 中学校教諭免許状【社会】(1種)
  • 中学校教諭免許状【宗教】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【公民】(1種)
  • 高等学校教諭免許状【宗教】(1種)
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先一覧

東京ガスリビングライン/JR東日本/ココカラファインヘルスケア/そごう・西武/ニトリ/ファミリーマート/愛知トヨタ自動車/大塚商会/名古屋銀行/名古屋東急ホテル/アルファクラブ武蔵野/イカリ消毒/オリックス自動車/くらしの友/セレモニア/群馬県信用組合/鶴岡市農業協同組合/東急セキュリティ/防衛省・自衛隊/東京都特別区/九十九里町役場/警視庁/埼玉県警察本部/柏市消防局/大学職員/本山安居

産業別就職状況
産業別就職状況

Student’s Voice

中野 智教さん

仏教学部 禅学科2017年卒業

中野 智教さん

長野県伊那北高等学校出身

禅学科の魅力について
禅学科を受験したきっかけは?
私の実家はお寺なので、禅について深く学びたかったからです。
禅学科ってこんなところ
先生、学生共に寺院関係者が多いので、行動の端々に仏道が現れているように思います。全体的に物腰が柔らかく、懐が広い、そんな人が多いと思います。
私のオススメ! この授業が面白い!
「演習I」
私は大学入学前に「道元入門」という本を読んで少しずつ興味をもったこともありますが、道元禅師の思想を自分であれこれ考えながら訳していくのがとても楽しかったです。

「禅籍購読I~III」
主要な禅籍を訳し、語句・時代背景等に触れながら多面的に見ていく授業です。独学をしようとすればややとっつきにくさを感じてしまう様な禅籍でも、スライドや細かい注釈を交えた講義で大変理解が進みました。

私の所属するゼミをご紹介します!
担当の先生は僧侶と大学教授を両立されている先生なので、先生の僧侶生活での経験を講義でお伺いすることもあります。今は、道元禅師の書かれた『正法眼蔵』という書物の『現成公案』という部分を訳しています。
駒澤大学の魅力について
駒澤大学を進学先に選んだ理由は?
私の父と兄が駒澤大学の卒業生だったこと、指導していただきたい先生がいらっしゃったことがきっかけです。また、寺院育ちの学生たちの雰囲気も感じてみたかったので、駒澤大学を選びました。
自分が駒大生になったなと思った瞬間は?
仏典や参考書では、漢字を現代の読み方と少し違う読み方をするのですが、「本文」を「ほんもん」と自然に読んでいることに気づいたときです。
入学した当初よりも成長したと感じることは?
良い、悪いといった思慮分別ではなく、ただ対象をありのままに観察できるようになってきたこと、多様性を認めることができるようになってきたことです。
駒澤大学の受験を考えている皆さんへメッセージ
禅は「自分には縁遠いな」と思う方もいるかと思いますが、少しでも興味をもっている方は、ぜひ門をたたいてみることをお勧めします。何か面白い発見があるかもしれませんよ。

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む