駒澤大学

内定ストーリー

内定は「何を体験したか」で決まる。先輩たちは内定に至るまで、どのような体験をしたのか。そこに、内定をつかみとるヒントが詰まっています。

  • 荒木裕里子 文学部 地理学科サービス
  • 中村匠汰 グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科旅行
  • 堀江菜摘 経営学部 経営学科銀行
  • どこまで行けるかを知る方法はただ一つ、出発して歩き始めることだ。アンリ・ベルクソン
  • 杉本奏絵 文学部 国文学科情報通信
  • 井伊美幸 法学部 法律学科 フレックスA公務
  • 増岡大也 文学部 社会学科 社会学専攻銀行
  • 恐れは常に無知から生じる。エマーソン
  • 知恵は知識にまさる。ブレーズ・パスカル
  • 望月美佑 経営学部 市場戦略学科公務
  • 今井智子 文学部 英米文学科運輸
  • 狩野泰幸 経済学部 現代応用経済学科メーカー
  • 私の歩みは遅いが歩んだ道を引き返すことはない。エイブラハム・リンカーン
  • 當麻祐也 法学部 政治学科運輸
  • 國分頌子 経済学部 経済学科サービス
  • 木村圭甫 文学部 歴史学科 外国史学専攻運輸
  • 鳥屋瞳 仏教学部 仏教学科卸・小売
  • あきらめない奴には、誰も勝てないんだ。ベーブ・ルース

人が喜べば、
自分も元気になる

株式会社アミューズ

笑顔、声、元気。それがチアリーディングのモットー。入学してすぐに「4年間を充実させるなら應援指導部!」と言われて入りました。チアリーディングは人を元気づけることができるし、それによって自分自身も元気になれます。先輩の言葉は嘘ではありませんでした。

荒木 裕里子
文学部 地理学科
地域文化研究専攻
九州学院高等学校 出身

荒木 裕里子

勝つために、
何をすべきか

クラブツーリズム株式会社

大学生活いちばんの瞬間は、ラグビー部の試合でリーグ一位のチームに勝ったとき。泣いている仲間もいました。試合では常に「チームが勝つために、自分は何をすべきか」を考えます。自分で考えて答えを出す瞬間を、私はキャンパスとグラウンドの上で身につけました。


グローバル・メディア・スタディーズ学部
グローバル・メディア学科
千代田区立九段中等教育学校 出身

中村 匠汰

今やるべきことに
集中

みずほフィナンシャルグループ

友達に誘われて始めたジャズダンスに、すっかりはまった大学生活でした。3年生の10月までは思う存分ダンスをして、11月から切り替えてシューカツをスタート。あれもこれもと欲張らず、今やるべきことに集中するのが、充実した4年間を送るコツだと思います。

堀江 菜摘
経営学部 経営学科
神奈川県立新城高等学校 出身

堀江 菜摘

チャンスは絶対、
誰にでもある!

株式会社レベルファイブ

何かを表現する仕事がしたいと思っていました。ゲームは好きだったけど「限られた人だけの世界」だと、最初はあきらめてたんです。でも、3年のインターン先の人に「おもしろければ誰でも採るよ」と言われて、「やってみよう!」と。それが結果につながりました。

杉本 奏絵
文学部 国文学科
神奈川県立鎌倉高等学校 出身

杉本 奏絵

聞くのも勉強、
話すのも勉強

伊豆の国市役所

自分から発言できるように、少人数のゼミを選びました。メンバーと意見が食い違ったときは、いったん相手の意見をしっかりと聞いてから、どっちがいいかを決めるようにしました。そのおかげで、人の意見を聞きつつ、自分の考えを発信できるようになったと思います。

井伊 美幸
法学部 法律学科 フレックスA
静岡県立韮山高等学校 出身

井伊 美幸

果敢に
チャレンジできるのが
大学生の特権

横浜信用金庫

ゼミやアルバイトの経験を通して、「挑戦すること」の大切さを知りました。知識不足や経験不足でも果敢にチャレンジできるのが大学生の特権なので、臆することなく行動してほしいです。結果が出ないときに励ましてくれた先輩や同期には、本当に感謝しています。

増岡 大也
文学部 社会学科 社会学専攻
神奈川県立横浜栄高等学校 出身

増岡 大也

社会教育で
地元に貢献したい

静岡市役所

社会教育主事の資格の勉強を通して、地元に貢献する仕事がしたいと思うようになりました。将来は社会教育や生涯学習の施策に関わりたいです。地元で就職活動をするなら、単位はできるだけ3年生までにとることをお勧めします。東京との往復に時間もお金もかかるので。

望月 美佑
経営学部 市場戦略学科
城南静岡高等学校 出身

望月 美佑

カベにぶつかった
ときこそ、
自分と向き合う

全日本空輸株式会社

「CAになりたい」という小さな頃からの夢が実現に向けて動き出したのは、2年生で行った留学。初めは全然話せなくて疎外感を味わいましたが、自分から動こうと決めてから楽しくなりました。カベにぶつかったときこそ自分と向き合うことが、乗り越えるコツだと思います。

今井 智子
文学部 英米文学科
新潟県立村上桜ヶ丘高等学校 出身

今井 智子

論理的に考える
習慣が大切

大塚製薬株式会社

ボウリング部の活動とボウリング場のアルバイトに明け暮れた4年間でした。ボウリングは、実はすごく頭を使うんです。過去のデータからレーンの状態を読み、ボールの軌道をイメージして次の一投を決める。論理的に考える技術は、内定にもつながったと思います。

狩野 泰幸
経済学部 現代応用経済学科
福島県立福島商業高等学校 出身

狩野 泰幸

好きなことを
仕事にする

東京急行電鉄株式会社

鉄道にのめりこんだ4年間でした。鉄道研究会には地理学科の人が多く、彼らを見ていると学問と趣味が融合しているなあと感じました。二つを分けて考えなくてもいいんだ、というのは一つの発見でしたね。そのことが、大好きな道への就職を後押ししてくれたのかもしれません。

當麻 祐也
法学部 政治学科
埼玉県立所沢北高等学校 出身

當麻 祐也

可能性は
自分の努力次第で
広がる

日本中央競馬会(JRA)

3年生の時に、準硬式野球部のリーグ戦の場内アナウンスをつとめました。滑舌も良くない上に、知識も経験もありませんでしたが、全力でぶつかってやり遂げました。「可能性は自分の努力次第で広がる」と身をもってわかったことがシューカツにも生きたと思います。

國分 頌子
経済学部 経済学科
駒澤大学高等学校 出身

國分 頌子

“自分から”を
学んだ4年間

日本通運株式会社

大学では自分から行動することを覚えました。印象に残っているのは、オープンキャンパスのボランティアで高校生を案内したこと。もともと自分から話しかけるのが苦手だったのですが、この経験でふっきれました。社会に出てからも”自分から”動いていこうと思います。

木村 圭甫
文学部 歴史学科 外国史学専攻
淑徳高等学校 出身

木村 圭甫

接客とアニメに
関われる仕事って?

株式会社アニメイト

レストランでのアルバイトを通して、接客の仕事が大好きになりました。もうひとつ、私には大好きなものがあって、それはアニメ。シューカツでは、その両方に関われる仕事って何だろうと考えて探しました。結果的に「ここしかない!」って所に決まって最高です!

鳥屋 瞳
仏教学部 仏教学科
東京都立篠崎高等学校 出身

鳥屋 瞳

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む