駒澤大学

インターンシップ

駒澤大学では、インターンシップを重要視して、受入れ先企業数を拡大中です。

「インターンシップ」で
「仕事の現場」を知る

インターンシップとは在学中に企業などにおいて、
自らの専攻や、将来のキャリアに関連した
就業体験を行うことです。

インターンシップはしたほうがいい?

駒澤大学では、多くの学生がインターンシップに参加しています。企業や官公庁での就業体験は、「仕事の現場」を知ることができる貴重な機会です。自分が働いている姿をイメージできることは、将来、企業を選んでいく上での重要なポイントになるとともに、ミスマッチを防ぐこともできます。

インターンシップ 学生-大手-企業

キャリアセンター主催 2017年度

夏季インターンシップ

キャリアセンター主催
インターンシップとは
駒大生の受入枠を確保しているインターンシップです。企業と大学が連携して実施しており、
受入枠内の人数の学生が大学を通じてインターンシップに参加することができます。
  • インターンシップ受入企業

    76

  • インターンシップ受入枠数

    200

2017年度

主なインターンシップ
受入企業

企業

三井住友銀行/城南信用金庫/SMBC日興証券/三井住友海上火災保険/住友生命保険/AOKI/サマンサタバサグループ/東急建設/スポーツニッポン新聞社/ジャルパック/クラブツーリズム/セルリアンタワー東急ホテル など

官公庁

世田谷区役所/目黒区役所/警視庁玉川警察署/東京消防庁世田谷消防署 など

キャリアセンター主催 インターンシップ参加者の声

インターンシップ先:不動産会社

インターンシップ先

不動産会社

10日間のインターンシップでは不動産の売買仲介、不動産物件の価格査定や相続のコンサルティング等幅広い業務を体験しました。売買仲介の業務では、ヒアリングを基に不動産の提案を体験しましたが、お客様が何に悩んでいるのか、何を望んでいるのかなど、お客様の要望に応えることの難しさを痛感しました。他大学の学生たちと、協力、競争する中で、自分自身の未熟さを学ぶことができ、困難な課題をチームで乗り越えていくことで、大きな喜びや達成感を得ることができました。
インターンシップでの経験は、自分自身の成長に繋がるだけでなく、将来自分がどんな仕事に就きたいのかを考えるきっかけになり、就職活動の際の業界選びの参考になります。また、社員の方々との交流を通して、仕事のやりがいや就職活動のアドバイスなど聞くことができ、自信を持って就職活動に取り組むことができました。

インターンシップ先:不動産会社

経済学部
商学科 4年
市川 玲豊

インターンシップ先:大学事務

法学部
政治学科 4年
大原 希穂

インターンシップ先:大学事務

インターンシップ先

大学事務

「私はどんな職業に就いたらいいのだろう。」と就職活動に大きな不安や悩みを抱えていた頃、インターンシップで多くの事を経験したいと思い、参加を決めました。
歯科医院でアルバイトをしていたことから、医系総合大学での5日間のインターンシップに参加しました。インターンシップでは、法人部門や学事部門、病院部門など様々な部門の実務を体験しました。学事部門の実務体験では、難しい専門用語でコミュニケーションを取る場面が多くありましたが、そういった状況でも笑顔や気持ちのよい挨拶で周囲の方に接することを心掛けました。そうした姿勢は、担当して下さった職員の皆様からも「好評であった」との嬉しいお言葉をいただき、特に印象に残っています。この経験から、難しい場面でも自分のできる事や求められている事を見極め、行動していけば良い結果に繋がると実感し、貴重な経験となりました。
インターンシップに参加し、様々な経験を積んだことで当初抱えていた就職活動へ不安や悩みは軽減し、広い視野を持って就職活動に臨むことができました。

インターンシップ先:損害保険会社

インターンシップ先

損害保険会社

「就職活動に対する不安を1つでも解消したい」そんな思いでインターンシップに参加しました。
この仕事がしたい!と思う業界がなかったため、まずは身近な人が携わっている仕事を見てみようと、祖母が働いている、損害保険業界のインターンシップに参加しました。
インターンシップは5日間で、損害保険会社の主な3つの業務を、グループワークを通し体験しました。プレゼンテーションに向け、グループのメンバーと議論を交わし、発表をやりきった時の達成感は忘れられません。
他大学の学生と協力し合う中で、グループワークを行う上での大切な点や、自分自身の強み、弱みを発見することができました。弱点を見つけることによって、次のインターンシップでの改善点が見つかる良い機会となりました。
インターンシップに参加することで、どんな仕事に就きたいのか、どんな社会人になりたいのかが発見できると思います。少しでも興味があるインターンシップには、積極的に参加して欲しいです。

インターンシップ先:損害保険会社

法学部
法律学科 4年
小泉 満里奈

駒澤大学のインターンシップについてもっと詳しく知りたい!
そう思ったかたはこちらから!

KOMAZAWA CHANNEL

駒澤チャンネル(http://komach.komazawa-u.ac.jp)は、
以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む